【ポイント投資】代表的なポイントと投資できる証券会社などのまとめ

ポイント投資戦国時代の今、「各ポイントとポイント投資できる環境をしっかりと抑えておくこと」が有利な投資環境を維持するのに必要な技術となってきました。

ポイント投資のブームに出遅れないように、代表的な投資ができるポイントと、その投資先をまとめておきたいと思います。「ポイントが貰える場面ではしっかり貰う。」「ポイントを無駄にしないようにしっかり投資に回す。」この2つを抑えてコツコツと積み重ねると年間を通してかなりプラスになるのではないかと思っています。

pointtoushimatome

状況により注目のポイントは変わってきそうなので、その点は変化を見て更新したいですが、現時点でしっかりと知っておきたいポイントは「楽天ポイント」「Tポイント」「dポイント」「LINEポイント」の4つと感じます。

その他、候補として今後話題になりそうなのは「Paypay」「Ponta(dポイントへの交換可能)」「nanaco(セブン)」「WAON(イオン)」あたりでしょうか?Paypayなどは投資できる環境もソフトバンク系なので整えるのも早い可能性はあります。

現時点ではポイント投資に焦点をあてた場合、4つのポイントに注力したいところです。

各ポイントの投資ができる証券会社などの対応

4つのポイントに絞って、どの証券会社を使ってどこまで投資できる範囲があるのか紹介したいと思います。

楽天ポイント

【ポイント投資】楽天スーパーポイントで株や投資信託が買える楽天証券の特徴を調査!

楽天ポイントは楽天証券を通して、株や投資信託の投資資金として充当が可能です。楽天経済圏という言葉があるように「楽天」を通すことでポイントが貯まりやすいシステムが組まれているのと同時に、楽天証券だけで多くの投資先を整えているのに特徴があります。

また楽天カードを使って積立投信へ投資が可能で、それによって楽天ポイントが貯まるという還流態勢が整っています。

ポイントが「貯まりやすい、使いやすい」というところでメリットが高いです。私も一番楽天ポイントが貯まり易いので楽天経済圏をメインに利用していることが多いです。

楽天証券・・・株・投資信託

Tポイント

【ポイント投資】Tポイント投資ならSBIネオモバイル証券とSBI証券の強力タッグ

Tポイントは共通ポイントの先駆けで、Tポイントカードを持っていれば様々なところで貯めることが出来ます。投資において対応している証券会社はSBI証券SBIネオモバイル証券になります。

SBI証券・・・投資信託

SBIネオモバイル証券・・・株・単元未満株・ETF

と2つの証券で別れていて、投資初心者で株取引したいならSBIネオモバイル証券の利用、様々な投資をしたい中でポイント充当口座としての目的ならSBI証券が良さそうです。もちろん2つの口座とも持って使い分けるの良いでしょう。

dポイント

【ポイント投資】dポイントで株が買える!日興フロッギー

dポイントはもともとドコモの携帯のドコモポイントクラブでしたが、ドコモが共通ポイント化に舵を切ってからは様々なサービスで還元ポイントとして使われるようになり、集約して貯まりやすいポイントになっています。

SMBC日興証券・・・株(キンカブ)

投資先として株を選びたいならSMBC日興証券の日興フロッギーを通して可能です。非常に少額から投資できるのが特徴なので、ポイント投資と相性がいいですね。

THEO(テオ)・・・ロボアドバイザー投資

銘柄選択など細かいことは嫌で、とにかくポイントが勝手に投資に使われて欲しい場合はTHEO(テオ)が対応しています。

LINEポイント

LINEポイントはLINE証券ですね。

LINE証券・・・選別された株・投資信託

単元未満株で買えたりするのでポイント消化には使いやすいと思います。なお、LINE Payを通すことになるので入出金をすれば有効期限を繰り越すことが出来るメリットがあります。

各ポイント投資の上手な戦略

各ポイントでのポイント投資での有効と考える戦略などもまとめてみたいと思います。それぞれのサービス経済圏でポイントが貰える機会を逃していないか?そしてより効率的にポイントを貯めて、効率的に投資に回せる方法はないか?ですね。

1.それぞれのポイントが貯まるオススメのクレジットカード

ポイントが貯まる一つ目のポイントがそれぞれの経済圏や決済システムを使って購買行動などを取ることです。特に親和性が高いのがそれぞれのポイントに対応したクレジットカードを持っておくことですね。良さそうなクレジットカードの対応を見ておくと

楽天ポイント・・・楽天カード
Tポイント・・・Yahoo! JAPANカードなど
dポイント・・・dカード
LINEポイント・・・LINE Pay Visaクレジットカード(予定)

となっています。4つのポイント向けにそれぞれのクレジットカードを一つ持っておけば安心です。

いずれもゴールドカードなどを選択しなければ年会費永年無料です。国際カードブランドを「VISA」「MASTER」「JCB」などに分けて持っておけば、汎用性が高くなるので良いと思います。

ゴールドカードにした方が、手数料とポイントの貯まりやすさを天秤にかけて得な場合もありますので、まずは年会費無料のクレジットカードを使ってみて、一番良く使うクレジットカードをゴールドカード以上にランクアップするという手もあります。

2.対応店舗・サービスの使い分けが出来るように準備

それぞれのポイントが貯まるサービスで得意分野が違います。被っているところもありますが、使い分けて生活の様々な分野でポイントが貰える環境を整えたいところです。

主な違いを紹介しておきます。

  楽天ポイント Tポイント dポイント LINEポイント
EC 楽天市場 ヤフーショッピング dマーケット LINEショッピング
買い物
(決済システム)
R pay Tマネー
提携先店舗
d払い LINE Pay決済
通信サービス 楽天モバイル ソフトバンク ドコモ LINEモバイル
光熱関係 楽天でんき 東京電力
ENEOSでんき
   
メディア Rakuten  Music
Rakuten TV
電子書籍
TSUTAYA
   
旅行 楽天トラベル
楽天GORA(ゴルフ)
Yahoo!トラベル
ANA
JTB
日本航空
LINEトラベル
娯楽 楽天競馬
Rakuten toto
Rakuten チケット
PGM(ゴルフ) ラウンドワン
カラオケ系
 
金融 楽天カード
楽天銀行
楽天証券
提携銀行多い
SBI証券
   
その他・生活   ヤマト運輸
ENEOS
交換ポイントも多い
郵便局
サカイ引越センター
LINEキャンペーン広告

一覧にまとめようとしても追いきれないレベルで様々な分野で提携しており、差がある部分を4つのポイントを貯めるつもりでいることで対応できそうです。

4つのポイントカードなどを常に使える状態にしておくと、かなりの生活の範囲でポイントバックが受けられるようになります。このページでは掲載しきれない程の提携先がありますので、各ポイントカードの提携先一覧のリンクを紹介します。カッコ内はそれぞれのポイントが貯まる場面の特徴です。

Tポイントの提携先店舗(提携共通化ポイントの先駆けなので、提携店舗が多い。EC系はヤフー)

dポイントの提携先店舗(後発の共通化ポイント、通信はドコモ。Tポイントで提携してないところを狙っている?

楽天ポイントの提携先(どちらかというと楽天グループに集約傾向

LINEポイントの提携先キャンペーンやサービス利用でのポイントバックが豊富)

ポイントが2つ以上対応している店舗などでは、総合的に貯まりやすいポイントの方に集約したいですね。

あまりどこが対応しているかに捉われるのではなくて、4つのどれが来てもポイントカードを扱えるように生活の場面でアプリなりクレジットカードなりを用意しておくことが大切です。

3.ポイントの有効期限に最大限の注意を払う

ポイントの最大の注意点は「有効期限」だと思います。せっかく貯めたポイントが少し間を空けてしまうと失効してしまったということは良くあります。そのため、少額で投資できるという環境が大事かと思います。それぞれのポイントの投資での消化の仕方を見てみましょう。

まずはそれぞれのポイントの有効期限を確認してみましょう。

楽天ポイント・・・最後にポイントを獲得した月を含めた一年間
(期間限定ポイント)・・・ポイントの取得内容によって異なる(概ね短い)

Tポイント・・・最終利用日から1年
(期間固定Tポイント)・・・それぞれのポイント状況により異なる(概ね短い)

dポイント・・・48ヶ月(4年)
dポイント(期間・用途限定)・・・獲得したサービスにより異なる(概ね短い)

LINEポイント・・・最後にポイントを獲得した日から180日後
(期間限定ポイント)・・・キャンペーン毎に有効期限を設定(概ね短い)

一番ポイントで有効期限が短いのはLINEポイントの半年(180日)になりますが、それぞれ特に気をつけないといけないのが「期間などが限定されるポイント」です。短いものでは1ヶ月以内で有効期限が切れます。ポイント消費ができれば有効期限が短いものから使われていきますので、ポイント投資に使えるならなるべく銘柄選定などなく使える手段を知っておくことも大切です。

楽天証券で楽天カードのクレジット決済で投資信託の積立可能に!もちろんポイントが貯まる!

そういった時にオススメしたいのが、上記ページでも紹介されているような値動きの極小さいしかも手数料がほぼかからないような投資案件を知っておくことです。投資信託なら「日本債券連動」「手数料低い・ノーロード」「低価格から購入できる」「総資産が大きい(破綻リスク回避)」といったところで目星をつけて商品を選んでおくと良いでしょう。

ただ、個人的にはどうせポイントは何かの還元やキャンペーンで得たものですので、リスク許容度は高いと考えています。そういう意味では利回りの高そうなものにあまり怖がらずに投資できるというのもメリットの一つだと思いますので、とにかくポイントの失効という最悪の事態だけは避ける行動を取りたいですね。

そういう意味ではポイントも管理できる4~5個程度に集約したいですので、今後ポイント投資で注目の物が出てきた場合は管理するポイントを入れ替えるなど考えたほうが良いかも知れません。


現状では4つのポイントの貯める準備と投資する準備をしておけば、効率的にポイント投資ができると考えています。ポイント投資をブームに載せようとしているところもあるので競争が激しく、キャンペーンなどお得な状態が続くかも知れません。

企業側としても「現金プレゼント」よりも「ポイントプレゼント」の方がコストが掛からないために、私達利用者側も賢く生き抜くには「ポイント活用・活動(ポイ活)」は今や暮らしの知恵の一つと言えそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ