湖北工業のIPO新規上場観測情報

湖北工業の概要

事業内容:アルミ電解コンデンサ用リード線端子の製造・販売。光通信用部品の製造・販売。石英ガラスを材料とした精密部品の製造・販売

湖北工業の注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:3点 (B:やや期待)
注目度 評価:3点 (B:普通)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
滋賀県本店。5Gに向けて電子部品生産増産体制。

オールド企業ということでどこまで評価されるか?
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
電子部品の湖北工業(滋賀県長浜市)も上場申請を進めるとみられる。通信速度が劇的に速まる次世代通信5Gの商用化をにらみ、需要が見込める電子部品の生産体制を整える考えだ。

 「IoT時代にあっては、光通信がやはり主役の一角を占めるだろう。とにかくオンリーワン製品で勝負するしかない。弊社の新型光ファイバーはとてつもない作り方をしており、ここに企業としての最大の価値がある。ファイバーを伸ばすと同時に光増幅器などの光デバイス、光モジュールを作り込み、顧客のカスタマイズに対応していく。今後はM&Aも積極的にやる。もちろんどこかの時点で、株式上場も視野には入っているのだ」(石井社長)

企業データ

会社名 湖北工業
所在地 滋賀県長浜市高月町高月1623番地
設立 1959年08月08日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ