インバウンドテクノロジー株式会社の株式投資型クラウドファンディング情報

インバウンドテクノロジー株式会社の概要

テーマ:インバウンド、働き方
募集タイトル:外国人が働きやすい環境を創造し労働人口不足の解決を目指す「インバウンドテクノロジー」 VC からの調達実績あり

インバウンドテクノロジー株式会社の株式投資型クラウドファンディング基本情報(日程関連)

募集発表日 2020/12/10 (木)
募集予定期間 開始:2020/12/17 (木) ~ 終了:2020/12/21 (月) (5日間)

インバウンドテクノロジー株式会社の株式投資型クラウドファンディング基本情報

目標募集額 15,085,800円(上限:69,611,600円 / 対目標 +361%)
1株価格 2,900円
募集金額
(コース)
98,600円(34株)~493,000円(170株)
募集前発行株数 719,304株
募集前時価総額
プレバリュー
2,085,981,600円
募集後時価総額
ポストバリュー
2,101,067,400円~2,155,593,200円(目標到達~上限)
増加率 0.72%(目標達成時)~3.34%(上限到達時)
可能性成立人数 31人~706人
募集目的 広告宣伝費、人件費、運転資金

インバウンドテクノロジー株式会社のマイルストーン情報

のマイルストーン

インバウンドテクノロジー株式会社の株式投資型クラウドファンディング取り扱いサービス業者

ユニコーン

インバウンドテクノロジー株式会社の個人的評価・スタンス

参加姿勢 評価:3点 (B:普通+) ⇒評価ついて
※評価はS~Dまで、基本的に普通に評価しようと思っています。多くがBorC評価の予定です。
・案件発表時の印象
  • 外国人人材プラットホームサービス。
  • 2018年に資金調達多い。ベクトルなど上場会社の他、株式投資型クラウドファンディングも実施。
  • 経営者は事業を伸ばしてリターンを返していく実績と意気込み強い。
  • 株主優待は出資元リアルワールドの提供するRealPayギフトを活用。
  • コロナ禍で逆風感があるが、先々をみればこれからの事業というところはある。現在の投資バリューの見定め必須。
  • 競合他社に対する競争優位性は、これまでの実績による豊富なデータベース。
  • プレバリューはやや高めに感じる。
外国人就労市場は労働市場ビジネスの中ではこれから伸びるであろうというのがポイント。IPOでも上場会社では労働市場関係多いが、これから先は外国人など特化型が成長余地のある分野。出資元の企業をみると期待感がある。また、代表は過去にも出資に対するリターン実績あり。
※テーマ性、成長性、技術力、市場規模、現状の業績、他社優位性、注目度(ファイナンス力)、問題解決能力、収益性あたりからリストアップしています。赤字がメリット、青字がデメリットです。あくまでも個人の感想、印象です。

企業データ

会社名 インバウンドテクノロジー株式会社
代表 林舟之輔(ハヤシシュウノスケ)
所在地 東京都渋谷区元代々木町30-13
設立 2016年01月01日
資本金 86,786,880円
事業内容 外国人DBを活用した教育、就労、不動産、付帯サービス

インバウンドテクノロジー株式会社の株式投資型クラウドファンディング特記事項

エンジェル税制 エンジェル税制B適用案件 ⇒エンジェル税制について
株主優待 この案件は株主優待があります。
株主優待内容 株数(投資金額)に関わらず、RealPayギフト1,000円分を贈呈する予定です。

インバウンドテクノロジー株式会社の株式投資型クラウドファンディングの成立状況

案件結果 この案件は「成立」しました。
募集決定額 24,058,400円
決定投資家数 157人(一人あたり平均投資額:153,238円)

インバウンドテクノロジー株式会社の株式投資型クラウドファンディングのイグジット状況

イグジット この案件の出口まだ分かりません。
出口内容
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細はービス取り扱い企業ホームページ・適時開示情報などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ