ミズホクラフト株式会社の株式投資型クラウドファンディング情報

ミズホクラフト株式会社の概要

テーマ:テクノロジー
募集タイトル:鉄より強くて軽いカーボン素材「CFRP」。製造コストの課題を、国産ロケットにも採用された技術で解決する「ミズホクラフト」

ミズホクラフト株式会社の株式投資型クラウドファンディング基本情報(日程関連)

募集発表日 2020/10/07 (水)
募集予定期間 開始:2020/10/15 (木) ~ 終了:2020/10/17 (土) (3日間)

ミズホクラフト株式会社の株式投資型クラウドファンディング基本情報

目標募集額 25,000,000円(上限:54,000,000円 / 対目標 +116%)
1株金額 10,000円
募集金額
(コース)
100,000円(10株)~500,000円(50株)
募集前発行株数 20,000株
募集前時価総額
プレバリュー
200,000,000円
募集後時価総額
ポストバリュー
225,000,000円~254,000,000円(目標到達~上限)
増加率 12.50%(目標達成時)~27.00%(上限到達時)
可能性成立人数 50人~540人
募集目的 設備投資、研究開発費、マーケティング費用、採用・人件費関連、仕入資金

ミズホクラフト株式会社のマイルストーン情報

のマイルストーン

ミズホクラフト株式会社の株式投資型クラウドファンディング取り扱いサービス業者

FUNDINNO(ファンディーノ)

ミズホクラフト株式会社の個人的評価・スタンス

参加姿勢 評価:4点 (C:微妙)
※評価はS~Dまで、基本的に普通に評価しようと思っています。多くがB評価の予定です。
・案件発表時の印象
  • カーボン複合材の主に修復部分を取り扱ってきた会社。量産化、コスト短縮技術を活かしたく募集。
  • 資金集めが欲しいところだろうが、投資会社やプロ投資家の支援は現状ない
  • 社歴のある会社なので、エンジェル税制優遇なし。
  • ものづくりテクノロジーが好きで、航空機やロケットなどに自分が出資した会社の素材が使われるのが好きな方に。
新技術というよりかは、もとより持っていた技術を活かして伸ばしていきたいと考えている会社。ロケット事業などはお金がかかる印象でクラウドファンディングでお金を集めるのは納得がいく。ただしプロ投資家などの参加が見られないことからも儲けやすい投資話か?と言われるとリスクの方が多い印象。ものづくり素材が好きな人は投資しても良さそうだが、そういった方は投資ではなく自分で作りたいという人が多そう。カーボンテクノロジーは大手企業も凄いものを持っていると個人的には感じる。
※テーマ性、成長性、技術力、市場規模、現状の業績、他社優位性、注目度(ファイナンス力)、問題解決能力、収益性あたりからリストアップしています。赤字がメリット、青字がデメリットです。あくまでも個人の感想、印象です。

企業データ

会社名 ミズホクラフト株式会社
代表 伊藤聡一郎
所在地 愛知県愛知県名古屋市瑞穂区村上町三丁目7番地の1
設立 2009年04月01日
資本金 10,000,000円
事業内容 シリコンラバーヒーターの製造、販売。 デジタル温度調節器の販売。 ホットボンダーの製造、販売。 CFRPとGFRPコンポジット製品の 製造および修理の際に使用する設備機器(加熱・真空・加圧に係る)の設計、開発、製造、販売。

ミズホクラフト株式会社の株式投資型クラウドファンディング特記事項

エンジェル税制 エンジェル税制適用なし
株主優待 この案件は株主優待がありません。

ミズホクラフト株式会社の株式投資型クラウドファンディングの成立状況

案件結果 この案件は成否はまだ分かりません。
募集決定額 0円
決定投資家数 0人(一人あたり平均投資額:nan円)

ミズホクラフト株式会社の株式投資型クラウドファンディングのイグジット状況

イグジット この案件の出口まだ分かりません。
出口内容
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細はービス取り扱い企業ホームページ・適時開示情報などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ