リンクトラスト・ペイ株式会社(2回目)の株式投資型クラウドファンディング情報

リンクトラスト・ペイ株式会社の概要

FUNDINNO(ファンディーノ) [172号案件] 2回目
テーマ:Fintech
募集タイトル:【第2回】世界中のQRコード決済をひとつに。独自デバイスで様々な設備を簡単にキャッシュレス化「次世代決済プラットフォーム」

リンクトラスト・ペイ株式会社の株式投資型クラウドファンディング基本情報(日程関連)

募集発表日 2020/10/09 (金)
募集予定期間 開始:2020/10/17 (土) ~ 終了:2020/10/19 (月) (3日間)

リンクトラスト・ペイ株式会社の株式投資型クラウドファンディング基本情報

目標募集額 12,000,000円(上限:48,000,000円 / 対目標 +300%)
1株金額 100,000円
募集金額
(コース)
100,000円(1株)~500,000円(5株)
募集前発行株数 3,006株
募集前時価総額
プレバリュー
300,600,000円
募集後時価総額
ポストバリュー
312,600,000円~348,600,000円(目標到達~上限)
増加率 3.99%(目標達成時)~15.97%(上限到達時)
可能性成立人数 24人~480人
募集目的 自販機端末購入費、QRコード決済端末開発費、開発人件費、営業人件費

リンクトラスト・ペイ株式会社のマイルストーン情報

のマイルストーン

リンクトラスト・ペイ株式会社の株式投資型クラウドファンディング取り扱いサービス業者

FUNDINNO(ファンディーノ)

リンクトラスト・ペイ株式会社の個人的評価・スタンス

参加姿勢 評価:6点 (B:普通)
※評価はS~Dまで、基本的に普通に評価しようと思っています。多くがB評価の予定です。
・案件発表時の印象
  • 2019年9月にファンディーノで1回目の募集。上限付近の4700万で成立。1株価格は変わらず10万。
  • 前回からの進捗は予定よりも1年レベルで売上増加が遅れている印象。ただ拡大はしている。
  • コロナ禍によるインバウンド需要低下に関しては言及なし。
  • 国内外のQRコード決済を一括で決済できる処理の需要は高そう。
  • 狙い目は自動販売機など、無人施設への普及。セキュリティの強さが気になるところ。
  • 技術的には「グローバルマルチ決済(プラットフォーム)」「決済プラス(端末)」の両方を特許面でも優位性を取る模様。
複雑で多数ある決済システムをまとめて便利にというやろうとしているビジネスは共感が持てる。またグローバルで対応というのも大きい。各社独自決済で決済手数料の覇権を狙おうとしている中、利用者には複数の決済システムがある不便な部分があるので、こういった企業によって便利さがアップすれば有り難いところ。こちらもビジネス的にはシステム手数料ビジネスなので、決済業者には普及メリット、利用者には利便性メリットを提供して爆発的な採用が求められる。
※テーマ性、成長性、技術力、市場規模、現状の業績、他社優位性、注目度(ファイナンス力)、問題解決能力、収益性あたりからリストアップしています。赤字がメリット、青字がデメリットです。あくまでも個人の感想、印象です。

企業データ

会社名 リンクトラスト・ペイ株式会社
代表 林 挺然
所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー6階
設立 2009年04月02日
資本金 54,095,000円
事業内容 1.スマホ決済代行・運用 2.Fintechプラットフォームシステム開発・OEM提供 3.インバウンド集客サービス等、付帯する一切のサービス

リンクトラスト・ペイ株式会社の株式投資型クラウドファンディング特記事項

エンジェル税制 エンジェル税制適用なし
株主優待 この案件は株主優待がありません。

リンクトラスト・ペイ株式会社の株式投資型クラウドファンディングの成立状況

案件結果 この案件は成否はまだ分かりません。
募集決定額 0円
決定投資家数 0人(一人あたり平均投資額:nan円)

リンクトラスト・ペイ株式会社の株式投資型クラウドファンディングのイグジット状況

イグジット この案件の出口まだ分かりません。
出口内容
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細はービス取り扱い企業ホームページ・適時開示情報などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ