ゼロ・サムのIPO新規上場観測情報

ゼロ・サムの概要

事業内容:自動車 ITS 事業、道路 ITS 事業、コンテンツソリューション事業

ゼロ・サムの注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:4点 (A:期待度高い)
注目度 評価:4点 (A:注目度高)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
自動車の自動運転化関連。未来の企業として期待度は高そう。IoT関連としても注目されやすい。

上場となれば初値高騰期待は高まりそう。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
京セラや日本電産が育った京都府や隣の滋賀県で2019年以降、ハイテク関連を中心に新規株式公開(IPO)が相次ぐ見通しだ。自動運転技術のゼロ・サム(京都市)や光半導体を手がける京都セミコンダクター(旧社名・京セミ、京都市)などが20年ごろまでの上場を目指す。技術革新や訪日外国人(インバウンド)の増加を追い風に、上場による資金調達を通じた事業拡大を狙う。

ゼロ・サムは04年に設立。カメラなどで道路状況を把握、渋滞していないルートを道路標示板でドライバーに知らせるシステムを開発しインドで事業化した。このノウハウを生かして日本の自動車大手と自動運転支援の実証実験に着手。上場による資金調達で技術開発と海外での事業展開を加速する。

企業データ

会社名 ゼロ・サム
所在地 京都市下京区醍醐町284 YMC 烏丸五条ビル7F
設立 2004年06月24日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ