カンタツのIPO新規上場観測情報

カンタツの概要

事業内容:マイクロレンズユニットの設計、及び製造

カンタツの注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:2点 (C:微妙)
注目度 評価:3点 (B:普通)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
ややオールド企業、シャープ向けカメラレンズがメイン。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
シャープの戴正呉社長は8日に台北市内で記者会見し、関連会社で米アップルなどのスマートフォン(スマホ)向けレンズを手掛けるカンタツ(栃木県矢板市)が、「2019年にも新規株式公開(IPO)するだろう」と述べた。戴氏は「シャープの技術でカンタツを助け、よりよい会社にできる」と発言。IPOした後も協業関係は維持するとみられる。

 シャープは11月、18年初めをめどにカンタツ株の保有比率を現状の44.3%から53.5%に引き上げ、連結子会社化すると発表した。いったん関与を強めて事業をてこ入れし、IPOで独り立ちした後も事業面の関係は継続するとみられる。IPOの調達規模などの詳細は明かさなかった。

 スマホのカメラは性能向上に伴い搭載されるプラスチックレンズの枚数が増えており、シャープはカンタツを有望企業と位置づけている。

企業データ

会社名 カンタツ
所在地 栃木県矢板市片岡1150-23
設立 1979年06月19日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ