TBMのIPO新規上場観測情報

TBMの概要

TBM
事業内容:LIMEX及びLIMEX製品の開発、製造、販売

TBMの注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:4点 (A:期待度高い)
注目度 評価:5点 (S:大注目)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
LIMEXという新素材。紙やプラスチックに変わる商品として期待。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
古代、文字を記録できる道具の一つとして石が使われていた。デジタル革命で紙の未来に暗雲が漂う現在、「石でできた紙」で勝負に挑む日本の起業家がいる。

  ベンチャー企業TBMが開発・製造するのは、世界的に「ほぼ無尽蔵」の石灰石を原料とした、紙やプラスチックの代替となる新素材「ライメックス」。紙よりも耐久・耐水性に優れ、原料に木を使わず、紙の製造過程で通常大量に消費する水の使用量も非常に少ないため、水資源や森林への環境負荷を低減できる。名刺や飲食店のメニューとして使用されている。

  「何百年も挑戦し続け、残っていくような会社をつくりたい」。山崎敦義社長(43)はブルームバーグの取材で語った。大阪の岸和田市で育ち、中学を卒業後大工に、その後中古車販売を起業。30歳で欧州を訪れ、中世の石造建築が継承される暮らしが当たり前という光景に衝撃を受けた。30代で台湾製のストーンペーパーに出会い、2008年に代理店を設立し輸入を開始。品質やコスト、重さなど多くの課題を抱えていたため、別の製法を試みた。

  TBMは2011年に設立され、昨年、商業生産を開始した。山崎氏は資金調達の手段として、20年までに新規株式公開(IPO)を目指していることを明らかにした。「しっかりと素材開発が進んで、売り上げと利益が成長していくイメージが自分たちの中で形にできた段階でIPOをやりたい」と同氏。多くの個人投資家や事業会社が株主になっている。

企業データ

会社名 TBM
所在地 東京都中央区銀座2-7-17
設立 2011年08月30日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ