ミノージャパン株式会社の株式投資型クラウドファンディング情報

ミノージャパン株式会社の概要

テーマ:フードテック
募集タイトル:一般的な〈配達手数料約38%〉を〈最大20%〉に抑える"超効率型デリバリー"で飲食店とランチ難民を救う、フードデリバリーのチェンジメーカー「Minnow Japan」

ミノージャパン株式会社の株式投資型クラウドファンディング基本情報(日程関連)

募集発表日 2021/01/12 (火)
募集予定期間 開始:2021/01/20 (水) ~ 終了:2021/01/22 (金) (3日間)

ミノージャパン株式会社の株式投資型クラウドファンディング基本情報

目標募集額 6,300,000円(上限:25,000,000円 / 対目標 +297%)
1株価格 20,000円
募集金額
(コース)
100,000円(5株)~500,000円(25株)
募集前発行株数 6,000株
募集前時価総額
プレバリュー
120,000,000円
募集後時価総額
ポストバリュー
126,300,000円~145,000,000円(目標到達~上限)
増加率 5.25%(目標達成時)~20.83%(上限到達時)
可能性成立人数 13人~250人
募集目的 ソフトウェア開発費、広告宣伝費、minnow pod設置費

ミノージャパン株式会社のマイルストーン情報

のマイルストーン

ミノージャパン株式会社の株式投資型クラウドファンディング取り扱いサービス業者

FUNDINNO(ファンディーノ)

ミノージャパン株式会社の個人的評価・スタンス

参加姿勢 評価:2点 (C:微妙) ⇒評価ついて
※評価はS~Dまで、基本的に普通に評価しようと思っています。多くがBorC評価の予定です。
・案件発表時の印象
  • 都心のランチ弁当の効率化を目指したIT系ベンチャー
  • 弁当デリバリーはこれまでも都心では格安弁当であったが、Podスタンド?を設置が目新しい雰囲気。
  • コンタクトレスと広告ビジネスへの発展期待がある。
  • 目標はバイアウトの模様。
  • エンジェル税制B適用(A適用の可能性あり)
  • 投資会社やVCなど投資実績は見当たらない。
  • 募集金額も小さく、どちらかというとコンパクトにスピード感ある事業成長を目指していそう。
都心のビルなどで働く人にとってはランチタイムは「コンビニ」「近くの小店(ランチライム)」「弁当配達」の3つから選ぶような状況。これまでも弁当配達のシステムはあると思うので、専用ポッドスタンドや、アプリなどを通した効率化が新しいところ。劇的な新規性は感じづらい。ただ、サービス展開済みで事業発展に関するリスクも少なめというところはある。
※テーマ性、成長性、技術力、市場規模、現状の業績、他社優位性、注目度(ファイナンス力)、問題解決能力、収益性あたりからリストアップしています。赤字がメリット、青字がデメリットです。あくまでも個人の感想、印象です。

企業データ

会社名 ミノージャパン株式会社
代表 池田保
所在地 東京都千代田区丸の内一丁目11番1号
設立 2020年02月07日
資本金 5,000,000円
事業内容 デリバリー・エコシステムの形成

ミノージャパン株式会社の株式投資型クラウドファンディング特記事項

エンジェル税制 エンジェル税制B適用案件 ⇒エンジェル税制について
株主優待 この案件は株主優待がありません。

ミノージャパン株式会社の株式投資型クラウドファンディングの成立状況

案件結果 この案件は成否はまだ分かりません。
募集決定額 未定
決定投資家数 未定(一人あたり平均投資額:未定)

ミノージャパン株式会社の株式投資型クラウドファンディングのイグジット状況

イグジット この案件の出口まだ分かりません。
出口内容
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細はービス取り扱い企業ホームページ・適時開示情報などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ