株式会社bajjiの株式投資型クラウドファンディング情報

株式会社bajjiの概要

テーマ:ヘルステック
募集タイトル:SNSのこれからは「いいね」から「Feelyou=わかるよ」へ。リリース半年で168か国において約4.5万DLされた次世代SNSで、日本発グローバル企業を目指す!

株式会社bajjiの株式投資型クラウドファンディング基本情報(日程関連)

募集発表日 2021/01/08 (金)
募集予定期間 開始:2021/01/16 (土) ~ 終了:2021/01/18 (月) (3日間)

株式会社bajjiの株式投資型クラウドファンディング基本情報

目標募集額 25,020,000円(上限:99,990,000円 / 対目標 +300%)
1個価格 [新株予約権] 10,000円 / 評価上限転換価格1株:26,000円
募集金額
(コース)
90,000円(9個)~450,000円(45個)
募集前発行株数 23,700株
募集前時価総額
プレバリュー
616,200,000円
募集後時価総額
ポストバリュー
641,220,000円~716,190,000円(目標到達~上限)
増加率 4.06%(目標達成時)~16.23%(上限到達時)
可能性成立人数 56人~1,111人
募集目的 開発人件費、広告宣伝費

株式会社bajjiのマイルストーン情報

のマイルストーン

株式会社bajjiの株式投資型クラウドファンディング取り扱いサービス業者

FUNDINNO(ファンディーノ)

株式会社bajjiの個人的評価・スタンス

参加姿勢 評価:3点 (B:普通) ⇒評価ついて
※評価はS~Dまで、基本的に普通に評価しようと思っています。多くがBorC評価の予定です。
・案件発表時の印象
  • 上限応募額が9,990円と株式投資型クラウドファンディング規定のMAX上限募集。それだけ期待が高いか?
  • 社長の小林慎和は有名な連続起業家。仮想通貨交換業者LastRoots(c0ban)の元創業者。実は私もc0banを買ったことがあり、名前を見て驚いた。
  • 感情のシャア・共感を増やしたSNSで居心地の良いSNSを目指す(ソーシャルケア)。
  • 2020年のGoogle Play隠れた名作部門で受賞するなど滑り出しは順調。
  • 新株予約権案件。
  • VCからの出資も早くからある
案件をみてまず目につくのが上限応募9,990万というMAX募集。ただ、過去に9000万を超えるような募集を集めたことはない。個人投資家との期待のギャップも見もの。また連続起業家の小林慎和さんはかなり有名で実績あり、私は前職の仮想通貨交換業LastRoots(これもクラウドファンディングでc0ban募集していたような・・・)をよく見ていたので、サービス開始のときのバリューは高かった。激しく潰れていった仮想通貨交換業の中でも、最後はc0banの値下がりなどあったが買収され生き残りを見せた。

失敗の可能性も大いにあるが、起業家の信頼に厚い人はエンジェル投資には最適な案件と言える。一気にスケールさせる能力がありそう。
※テーマ性、成長性、技術力、市場規模、現状の業績、他社優位性、注目度(ファイナンス力)、問題解決能力、収益性あたりからリストアップしています。赤字がメリット、青字がデメリットです。あくまでも個人の感想、印象です。

企業データ

会社名 株式会社bajji
代表 小林慎和
所在地 東京都台東区柳橋2丁目1番11号 Barq SHINSO BLDG 403
設立 2019年04月08日
資本金 82,500,000円
事業内容 ブロックチェーンを活用したソーシャルネットワーキングサービスの企画、開発、運用及び提供。コワーキングスペースの運営。

株式会社bajjiの株式投資型クラウドファンディング特記事項

エンジェル税制 エンジェル税制適用なし ⇒エンジェル税制について
株主優待 この案件は株主優待がありません。

株式会社bajjiの株式投資型クラウドファンディングの成立状況

案件結果 この案件は「成立」しました。
募集決定額 39,240,000円
決定投資家数 264人(一人あたり平均投資額:148,636円)

株式会社bajjiの株式投資型クラウドファンディングのイグジット状況

イグジット この案件の出口まだ分かりません。
出口内容
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細はービス取り扱い企業ホームページ・適時開示情報などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ