ディジタルメディアプロフェッショナルのIPO新規上場情報

ディジタルメディアプロフェッショナルの概要

ディジタルメディアプロフェッショナル
市場:東M (情報・通信業)
事業内容:グラフィックスプロセッサの開発・販売 、独自開発した3Dグラフィックス技術のライセンス供与等

ディジタルメディアプロフェッショナルのIPO(新規上場)日程関連

仮条件決定日 2011/06/03 (金)
BB期間 開始: 2011/06/07 (火) ~ 終了: 2011/06/13 (月)
公募価格決定 2011/06/14 (火)
購入申込期間 開始: 2011/06/15 (水) ~ 終了: 2011/06/20 (月)
上場予定日 2011/06/23 (木)

ディジタルメディアプロフェッショナルのIPO(新規上場)基本情報

公募株式数 総計:750,000株
(公募:300,000株 / 売出:450,000株)売出株式比率:60.0%
O.A.分 112,000株
発行済株数 2,272,200株 (上場時、公募株数含む)
OR 37.9% (オファリング・レシオ、OA分含む計算)
想定価格 2,100円
仮条件価格 2,100~2,400円 (変動率:0.0%+14.3% 強気 )
公募価格 2,400円
IPOの資金用途 主にゲーム機器、家電製品等に組み込まれる半導体向けのグラフィックスIPコア(注1)およびアミューズメント機器等に組み込まれるLSI製品(注2)の開発費として、全額充当

ディジタルメディアプロフェッショナルのIPO価格マトリックス(価格・吸収金額・時価総額)

想定価格 公開価格 初値 現在値
株価 2,100円 2,400円
+300円
3,050円
+650円
4,205円
(+1,155円)
変化率 +14.3% +27.1% +37.9%
吸収金額 18.1億円 20.6億円
+2.58億円
26.2億円
+5.60億円
時価総額 47.7億円 54.5億円
+6.81億円
69.3億円
+14.7億円
131億円
+62.3億円
※左から右へ時系列的に並んでいます。増減比は左のカラム(行)に対するものです。
※吸収金額はOA(オーバーアロットメント)分を含んで計算しています。

ディジタルメディアプロフェッショナルの取り扱い証券会社と引受割合・シンジケート

主幹事証券
幹事団と割当
証券会社名 割当数 割当(%) 抽選配分
野村證券 637,600株 85.01% 574枚
大和証券 37,500株 5.00% 56枚
みずほ証券 22,500株 3.00% 23枚
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 22,500株 3.00% 25枚
岡三証券 7,500株 1.00% 8枚
丸三証券・マルサントレード 7,500株 1.00% 8枚
いちよし証券 7,500株 1.00% 11枚
香川証券 7,500株 1.00% -枚
(その他: カブドットコム証券 みずほインベスターズ証券 野村ネット&コール )
※抽選配分は過去の個人投資家への同一条件抽選状況をもとに、およその配分量を算出したものです。
マネックス証券IPO初心者におすすめ取引実績、お預かり資産に関係なく平等に当選の可能性!

企業データ

会社名 ディジタルメディアプロフェッショナル
所在地 東京都武蔵野市中町一丁目15番5号 三鷹髙木ビル7階
設立 2002年07月10日
従業員数 23人
監査法人 新日本有限責任監査法人

ディジタルメディアプロフェッショナルの概況(直近の経営指標、業績予想)

ディジタルメディアプロフェッショナルのストックオプション(新株予約権)の状況

データ未更新。2015年6月以降の上場銘柄に関して情報更新中です。

ディジタルメディアプロフェッショナルの初値予想・評価・BBスタンス・初値結果関連

BB参加姿勢 評価:8点 (A:積極的)
初値予想
(BB開始時)
3,600円(想定価格比: +1,500円/+71.4%
直前予想
(上場前)
3,100円(公募比: +700円/+29.2%
初値 3,050円(公募比: +650円/+27.1%
※評価はS~Dまで、初値予想はBB開始時と上場前直前に行っています。
・新規承認時の第一印象
マザーズ、ファブレス半導体。
期待銘柄
・ブックビルディング姿勢に対するコメント
1.注目度…全般的なIPOとしての注目
震災後のIPOで6月に数社出てきましたが、もっとも期待できる銘柄。
この系統のIPOは過去の実績からも2倍程度~の初値が期待できる。

2.割安性…PER,PBRなど財務情報、価格設定から
業績予測をみると2012年度3月の予想EPSは196.15円。
想定価格(2100円)ベースでPERは10.7倍となります。業種銘柄としては割安。
ただ仮条件が上がったため、2400円で計算しなおすと12.2倍程度。

期待感からするとまだ割安な部分は含んでいる。
業績の伸びは一時期の伸びよりは多少落ちる見込みなので注意。
あまり問題視されなさそうだが…

3.規模…吸収金額と市場、売り圧力関係
吸収金額は約18.1億円(想定価格ベースOA分含む)、
上場市場は東証マザーズ。規模的には中程度です。
マザーズ銘柄で多少期待できますね。

売り方面ではV.C.の保有率が非常に高いので
そこが売り圧力になりそうです。
ロックアップは1.5倍で90日間ということで1.5倍あたりが初値の一つ目の
目途ということになります。

ストックオプションは、1100円~2,000円で約47万株行使が残っています。

総合的にみると1.5倍の3600円あたりが目安になります。 

4.業種…人気化しそうな業種か?魅力があるかなど

3D分野は確実に注目されている分野で人気が出そうです。
個人的には3Dには全く興味はないのですが、
TVだけでなく様々な分野で今後活用される可能性を考えると
そのコアである半導体開発は魅力がありますね。

一応、文句なしとしておきます。

5.評価…総合的評価や特記的事項を含める
仮上限も上げてきて、注目度の高さが見られます。
6月銘柄の一番の注目株で、ほぼ問題なしに強気姿勢です。

逆にこの銘柄と同時上場する銘柄や上場日が近い銘柄に
影響しないかが気になります。

焦点は獲得できるかになるでしょう。

全体考察
総合得点は8点で、私のBBスタンスはA評価です。

ディジタルメディアプロフェッショナルへのみんなの初値予想

初値的中で最大2000円分のアマゾンギフト券をゲット!皆さんの初値予想の投稿をお待ちしています。
ディジタルメディアプロフェッショナルの初値予想投票は締め切りました。
現在の読者予想件数:3件
読者予想サマリ 平均値:3,100円 | 中央値:3,000円 | 補正値:3,100円
最高:3,500円 >>>> 最低:2,800円
すぺ様(2011/06/14) スタンス:(なし) BB期間終了後
予想値:2,800円(公募価格比:+400円)
ラリー様(2011/06/06) スタンス:(A) BB期間終了前
予想値:3,500円(公募価格比:+1,100円)
のびた様(2011/06/05) スタンス:(A) BB期間終了前
予想値:3,000円(公募価格比:+600円)
3D関連なので、人気が出ると思います。
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページ・目論見書などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ