「証券会社情報」の記事一覧

SBIネオモバイル証券の情報とIPOルールに関して

SBIネオモバイル証券の概要 SBIネオモバイル証券  Tポイントを使って株が買える唯一の証券会社。月額定額制のサービスというのも特徴。スマホでかんたん取引がおしだが、ウェブ上でも取引可能。Tポイントを上手に消化しながら利用する口座として活用したい。 SBIネオモバイル証券のIPO抽選特徴 Tポイントを使って株が買える 単元未満株(端株)で単価が安く買える 月額取引放題サービス ・・・

スマートプラス(STREAM)の情報とIPOルールに関して

スマートプラス(STREAM)の概要 スマートプラス(STREAM)  スマートプラスが運営する、BaaSを利用した株取引アプリです。日本初!手数料無料のコミュニティ型株取引アプリで、従来型の株式委託手数料が、いつでも何回でも無料。 スマートプラス(STREAM)のIPO抽選特徴 従来型株式手数料はいつでも何回でも0円 SMART取引で有利な条件での取引実現も 信用取引金買方利・・・

黒澤が保有している全証券会社25社の特徴と感想を随時更新

株式投資で有利に立つためには、投資環境をなるべく有利に整えると言うことが一つあります。その為、長く株式投資をする人は複数の証券会社を持ち、それぞれの特徴を活かして取引をしています。 今回は黒澤が長年保有している複数の証券会社のそれぞれの特徴を紹介していきたいと思います。どんなところにメリットがあるのか?ざっくりと確認できるページになればと思います。 特にIPOや株主優待、取引ツール・手数料・・・

野村ネット&コール(野村證券)の情報とIPOルールに関して

野村ネット&コールの概要 野村ネット&コール  野村ネット&コールは野村證券の店舗を持たない。電話とインターネットで取引できるオンライン専門支店。ネット操作の画面はなかなか使いやすい(階層が浅い)。野村證券主幹事のIPOは多いので当選確率を上げるためにも必須の証券口座。 野村ネット&コールのIPO抽選特徴 コンピュータによる1口座1口の平等抽選 個人配分の約10%の割り当て 最小・・・

DMM.com証券の情報とIPOルールに関して

DMM.com証券の概要 DMM.com証券  2018年4月から株取引のサービスを開始。業界最安値水準の取引手数料とネット企業らしい、使いやすいUIのアプリ・ツールで業界に旋風を起こす。取引のよってポイント還元も(1P=1円に交換可能)※2019年2月IPO取り扱いスタート DMM.com証券のIPO抽選特徴 業界最安水準の手数料 2019年2月からIPO取り扱いスタート 全て・・・

SMBC日興証券の情報とIPOルールに関して

SMBC日興証券 の概要 SMBC日興証券  ネット口座は「日興イージートレード」 外れたら一先ず「補欠」となるので補欠は期待できない。でもみんなそう思っていて申し込み少ないかも、とりあえず補欠申し込みをしておこう。当選を辞退すると一ヶ月間IPO申し込みができなくなるペナルティがあるので注意!2011年4月にSMBC日興証券へ商号変更。2019年、ダイレクト口座にステージ制導入 ・・・

松井証券の情報(手数料など)とIPOルールに関して

松井証券の概要 松井証券  社長の思想にファンも多い松井証券。ネット証券においてサービスに先端を行く姿勢が、新しいサービス好きな投資家に注目。IPO配分もそこそこ(70%)あり平等抽選、IPOにも必須の証券会社と言える。2017年からは再びIPOサービスに注力ぎみ 松井証券のIPO抽選特徴 取り扱い枚数の70%以上を抽選に配分 公平な抽選、ブックビル終了時に当落結果(2018年9・・・

楽天証券の情報(手数料など)とIPOルールに関して

楽天証券の概要 楽天証券  あの楽天の証券会社。トレーディングツール「マーケットスピード」は大人気。また海外ETFを先んじて出すなど、手数料のお得な商品を率先して出している。IPOはステージ制があったが広く公平に行き渡るように撤廃。委託幹事になる場合も多く隠れて申し込みできることも多く穴場かもしれない。抽選倍率もわかるところが特徴的。 楽天証券のIPO抽選特徴 申し口数に対し番号・・・

いちよし証券の情報(手数料など)とIPOルールに関して

いちよし証券の概要 いちよし証券  中堅証券会社ながら幹事団に名を連ねることも多い。個人ネットは電話での受付(2018年10月~インターネット受付対応)、IPOだけの参加は受け付けて貰えない可能性があるので何かしらの買い付けがあった方がいい。 いちよし証券のIPO抽選特徴 全体の11%程度が個人の平等抽選へ ステージ制があり約60%がこちらに割当 配分の割合がしっかりと明確化され・・・

東海東京証券の情報(手数料など)とIPOルールに関して

東海東京証券の概要 東海東京証券  中堅店頭向け証券会社。IPOは店頭の場合、完全裁量、ダイレクト口座でもオンライン申込みを取り扱い開始。幹事数も多く穴場的証券会社。 東海東京証券のIPO抽選特徴 店頭は完全裁量、ダイレクト口座はオンライン申込み 抽選は10%以上を完全抽選後、ステージ制優先 資金拘束は完全前受け制 当選連絡は電話から、オンライン画面表示に変更 東海東京証券の費用・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ