松井証券の特性を利用した、上手な株主優待タダ取り方法

当方、株主優待クロス取引(タダ取り)を負けない投資法の一つとして紹介していますが、まず最初に利用する証券会社は松井証券が良いと思っており、今では他社さんも利用したりオススメしますが、やはり最初に始める時は松井証券からスタートかなと思います。

matsui1

今回は松井証券が何故良いのか?また松井証券を利用した株主優待クロス取引の具体的な戦略について書いてみます。

株主優待クロス取引に必要な物が全て揃っている松井証券

株主優待クロス取引に必要な物といえば、「逆日歩の掛からない一般信用売建て」「できるだけ安い手数料」あたりだと思います。松井証券はこのあたりが初心者に対して使いやすく揃っています。

  • 一般信用売建ては残数形式ではなく、あるかないか?

他の証券会社では一般信用売建てが残数表記になり、早い時期からの争奪戦になりやすいですが松井証券では売り禁になるかならないか?なので無用な争奪戦に参加しなくていいので分かりやすいです。なければ仕方ないものとして諦めが付きますし、制度信用に切り替えるかの判断ができます。

また長期短期と行った区分がなく、権利付き日よりも前に余裕を持ってクロスを仕掛けれれるのも特長です。

証券会社(松井・カブドットコム・SBI・大和・岩井コスモ)一般信用売り建て可能銘柄リスト

主要なネット証券の一般信用売建てリストは上記ページを参考にしてください。

  • 手数料体系がボックス手数料体系

特に松井証券が初心者にオススメなのがボックス手数料体系です。

matuifee

現物・信用を含め1日の約定代金合計で手数料が決まります。つまり一日に何銘柄も取引する可能性がある株主優待クロス取引にはもってこいの制度で、例えば3月や9月などの優待銘柄が多い時には、手数料範囲内で約定代金が安いものをたくさんとっても、手数料が同じだったりして節約が可能です。

また手数料の計算がし易いので、小幅な利益を積み重なる株主優待クロス取り引きにとっては損益の計算がしやすいです。

  • 10万円の約定代金は0円!

こちらも大きな特徴です。後ほど解説しますが約定代金が10万以下のものなら時間差クロスなどの手法を用いることで、手数料も削減できます。

 

松井証券は使い勝手も手数料面においてもバランスが良い口座で、その為に初心者のかたにまず利用するなら松井証券を薦めています。その後、他の証券会社と比較して良い部分を互いに利用していくのが良い作戦だと思います。

松井証券の特性を利用した上手な株主優待クロス取引方法

一般的な株主優待クロス取引に関しては当サイトの別ページにも詳しく載せていますが、今回は先の松井証券の特長を活かした上手な取引方法について紹介します。

「10万以下の約定代金になるものを徹底活用して時間差クロスを仕掛ける」

これが非常に効いてくると思います。

優待クロス取引は権利付き最終日をまたぐ一日さえクロスで持っておけば、優待だけを株価の変動無しでゲットできる方法ですが、それとは別の手法で「権利日に向けて株価上場するものを狙った投資」というものもあります。これは優待権利が欲しい人がその株を買うという需給面をみて、先買して株価が上がった時に、優待を取らずに売る(株価上昇分を頂く)方法です。

さらに上級ステップとして売るときに信用売りをすることで、株主優待も貰うし株価上昇分も貰うのが時間差クロスです。しかし、いつも時間差クロスが成功するとは限りません。その時間差クロスを仕掛ける基準として松井証券の手数料の特長を活かします。

10万以下で買える株を早めに現物株で購入する(10万以下なので手数料は無料)、程よく株価が上がったなら信用売でクロス完成(こちらも10万以下なら無料)、権利付き日前にクロスする銘柄が減るので、その時の手数料も節約

単純な時間差クロスではなく、手数料削減も目的とすることでより有利に進められます。また約定代金が小さいので信用取引の金利分も少ないです。さらに株価変動リスクも小さくなるでしょう。細かいことですが、株主優待クロス取引は小さな利益の積み重ねですので、これが意外と効いてきます。

手法としても分かりやすいのではないかと思います。

昨今、優待クロス手法も認知度が高まってきて単純なクロスだけよりも、より一歩進んだ作戦をとったほうが損益が上がるようになってきています。そんな時でも初心者にとってまず最初にオススメしたい松井証券の特長が効いてくると思います。

まずは通常のクロス取引で慣れてから、よりプラスになりそうな作戦を立てて取引してみると良いでしょう。

  • 一般信用売建て豊富
  • ボックス手数料体系
  • 10万以下の約定手数料無料

この3つの特長を覚えておき、活かした取引をしたいですね。ちなみに当方はクロスから現物長期保有に切り替えたい時も10万以下を目安に考え松井証券で指値取引を利用する時もあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ