ステムセル研究所のIPO新規上場観測情報

ステムセル研究所の概要

事業内容:ステムセル(造血系幹細胞)の受託管理事業。ステムセルを利用した新治療方法の研究開発および普及。末梢血幹細胞の受託管理事業

ステムセル研究所の注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:4点 (A:期待度高い)
注目度 評価:4点 (A:注目度高)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
日本トリム<6788>連結子会社。

「さい帯血」バンクパイオニア。
ステムセル研究所は、赤ちゃんの「さい帯血」をお預かりする、民間さい帯血バンクのパイオニア企業です。さい帯血には、体のさまざまな種類の細胞のもとになる「幹細胞」が豊富に含まれており、さい帯血を用いた再生医療は、脳神経疾患等これまで治療法のなかった病態に対する、全く新しいアプローチとして期待されております。

再生医療関連のバイオベンチャーとして注目を集めそう。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
日本トリム<6788>がこの日の取引終了後、連結子会社のステムセル研究所(東京都港区)が、1月6日付で東京証券取引所へ新規上場を申請したと発表した(2020年)。

企業データ

会社名 ステムセル研究所
所在地 東京都港区新橋5丁目22番10号 松岡田村町ビル 2階
設立 1999年08月05日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ