Preferred Networks(プリファード・ネットワークス)のIPO新規上場観測情報

Preferred Networks(プリファード・ネットワークス)の概要

事業内容:IoT にフォーカスしたコンピュータソフトウェア・ハードウェア・ネットワークの研究・開発・販売

Preferred Networks(プリファード・ネットワークス)の注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:5点 (S:暴騰必至)
注目度 評価:5点 (S:大注目)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
トヨタ自動車など大企業が多く出資、ディープラーニング系のプログラミングで注目を浴びる。

規模も大きく、話題性高く、注目度は高い。

Nextユニコーン企業。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
IoTにフォーカスしたリアルタイム機械学習技術のビジネス活用を目的とした 株式会社Preferred NetworksがPFIよりスピンオフ致しました。
PFIは、今後も自然言語処理技術を利用した研究開発、検索・データ解析商品 『Sedue for BigData』の開発・販売等を継続して行っていきます。

「2020年7月」
人工知能(AI)開発のプリファード・ネットワークス(東京・千代田)の西川徹代表兼最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞の取材に「資金面で必要なければ、新規株式公開(IPO)をしたくない」との考えを示した。「IPOをするかは分からない。資金面で必要なければしたくない。ただ面倒さを越えてもやりたいことがあればすべきだ。我々はベンチャーキャピタル(VC)の資金が入っておらず、出資する事業会社のプレッシャーもないが、私自身が危機感を持っている。40歳が近づき、チャレンジの機会は多くないだろう。ウィンドウズのように自分たちの技術を世界中に普及させたい。必要であれば手段は何でもとる」

企業データ

会社名 Preferred Networks(プリファード・ネットワークス)
所在地 東京都千代田区大手町1丁目6−1
設立 2014年03月26日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ