ガッツ・ジャパン(ガッツレンタカー)のIPO新規上場観測情報

ガッツ・ジャパン(ガッツレンタカー)の概要

事業内容:レンタカー事業(フランチャイズ)

ガッツ・ジャパン(ガッツレンタカー)の注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:3点 (B:やや期待)
注目度 評価:3点 (B:普通)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
軽自動車に特化で格安を実現。レンタカーでもガッツ石松でインパクトあり。

Maas関連とされそう。コロナ禍で厳しそうだが、格安系ということで成長戦略を進める。

愛知県本店の企業。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
格安レンタカー「ガッツレンタカー」を運営するガッツ・ジャパン(本社名古屋市中村区、小嶋萬人社長)は、2022年12月に東京証券取引所の新興企業向け市場「マザーズ」に株式上場を目指していることを明らかにした。高い価格競争力や手洗い洗車による清潔な車両提供で、店舗数を全国170店まで拡大している。上場で信用度の補完などを図り、26年3月期に全国500店体制の実現を目指す。(2019年12月)

2020年6月にTVで社長が上場準備を示唆。

企業データ

会社名 ガッツ・ジャパン(ガッツレンタカー)
所在地 愛知県名古屋市中村区本陣通5丁目130番
設立 1996年01月01日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ