bitFlyer(ビットフライヤー)のIPO新規上場観測情報

bitFlyer(ビットフライヤー)の概要

事業内容:仮想通貨交換業及びブロックチェーン開発・サービス事業

bitFlyer(ビットフライヤー)の注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:4点 (A:期待度高い)
注目度 評価:4点 (A:注目度高)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
FX企業も流行りの時に複数上場したので、可能性はあるかもしれない。上場意義は大きい。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
各ニュース記事で早いうちに上場の可能性もありと観測記事が出る。

国内最大の取引所を誇るビットフライヤーが株式上場の検討を始めた。事情に詳しい関係者によると、同社は上場の準備を進めており、早ければ2018年中の可能性もある。ビットフライヤーは2014年1月に設立。米投資銀行のゴールドマン・サックスで決済システムの開発をした経験を持つ2人のエンジニアによってつくられたベンチャーだ。

ビットフライヤー・CFOの金光碧氏は、「ビットフライヤーにとって上場の意義は大きいと考えている」とBusiness Insider Japanの取材でコメントした。

ビットフライヤーの設立からわずか3年で、仮想通貨の普及は急速に進んでいる。ビットコインで買い物ができるeコマース・サイトが立ち上がるかと思えば、家電量販店はビットコインでの支払いをスタートさせた。東京・渋谷では、仮想通貨を保有する客が集うバーまでオープンした。

企業データ

会社名 bitFlyer(ビットフライヤー)
所在地 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
設立 2014年01月09日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ