SAMURAI Security株式会社の株式投資型クラウドファンディング情報

SAMURAI Security株式会社の概要

テーマ:ブロックチェーン
募集タイトル:<大手メーカが協力>約50兆円の巨大な成長市場『相続』をブロックチェーンでデジタル化。スマホひとつで遺産整理から財産信託契約まで完結 相続DX「サラス」

SAMURAI Security株式会社の株式投資型クラウドファンディング基本情報(日程関連)

募集発表日 2021/09/11 (土)
募集予定期間 開始:2021/09/16 (木) ~ 終了:2021/09/18 (土) (3日間)

SAMURAI Security株式会社の株式投資型クラウドファンディング基本情報

目標募集額 12,500,000円(上限:50,000,000円 / 対目標 +300%)
1株価格 12,500円
募集金額
(コース)
100,000円(8株)~500,000円(40株)
募集前発行株数 29,140株
募集前時価総額
プレバリュー
364,250,000円
募集後時価総額
ポストバリュー
376,750,000円~414,250,000円(目標到達~上限)
増加率 3.43%(目標達成時)~13.73%(上限到達時)
可能性成立人数 25人~500人
募集目的 人件費

SAMURAI Security株式会社のマイルストーン情報

のマイルストーン

SAMURAI Security株式会社の株式投資型クラウドファンディング取り扱いサービス業者

FUNDINNO(ファンディーノ)

SAMURAI Security株式会社の個人的評価・スタンス

参加姿勢 評価:2点 (C:普通-) ⇒評価ついて
※評価はS~Dまで、基本的に普通に評価しようと思っています。多くがBorC評価の予定です。
・案件発表時の印象
  • 会社はブロックチェーンを活かして社会課題解決を目指すベンチャー企業。
  • 複数のプロジェクトを行っているが、今回は相続DX「サラス」推進に向けた募集。
  • ライフイベントの資産管理系アプリとそれに伴う、広告代理的な業種は最近多い。
  • 収益ポイントはやはり税理士や司法書士などのマッチング。サービス普及が課題
  • 出資元にホットリンクなどベンチャー企業としての期待はそれなりにありそう。
  • 株式投資型でエンジェル税制B適用銘柄
金融資産をクラウド管理して、そのライフイベントにまつわる必要な士業と繋げると言ったプラットフォーム業はここ最近増えている。こちらの会社はもともとブロックチェーン活用を主にしてきたので、技術的な移行は得意としていそう。KPIで2026年にアプリ「サラス」の利用者が110万人目標ということで、そういった普及するようなサービスとなるか?OEM化してサービスの窓口がしっかりするかが鍵かもしれない。会社はいい印象だが、今回の案件の事業がもうひとパンチ足りない気もする。
※テーマ性、成長性、技術力、市場規模、現状の業績、他社優位性、注目度(ファイナンス力)、問題解決能力、収益性あたりからリストアップしています。赤字がメリット、青字がデメリットです。あくまでも個人の感想、印象です。

企業データ

会社名 SAMURAI Security株式会社
代表 浦田 英博
所在地 東京都渋谷区富ヶ谷一丁目3番8号
設立 2018年04月06日
資本金 16,000,000円
事業内容 応援の連鎖でスポーツビジネスを改革するスポーツテックサービス「Esporta」を提供。 地域創生プロジェクト「Yell TOYAMA」を展開。

SAMURAI Security株式会社の株式投資型クラウドファンディング特記事項

エンジェル税制 エンジェル税制B適用案件 ⇒エンジェル税制について
株主優待 この案件は株主優待がありません。

SAMURAI Security株式会社の株式投資型クラウドファンディングの成立状況

案件結果 この案件は成否はまだ分かりません。
募集決定額 未定
決定投資家数 未定(一人あたり平均投資額:未定)

SAMURAI Security株式会社の株式投資型クラウドファンディングのイグジット状況

イグジット この案件の出口まだ分かりません。
出口内容
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細はービス取り扱い企業ホームページ・適時開示情報などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ