SREホールディングス(2980)のIPO新規上場情報

SREホールディングスの概要

SREホールディングス
市場:東M (不動産業)
事業内容:不動産事業、ITプラットフォーム事業、AIソリューション事業

SREホールディングスのIPO(新規上場)日程関連

仮条件決定日 2019/12/03 (火)
BB期間 開始: 2019/12/04 (水) ~ 終了: 2019/12/10 (火)
公募価格決定 2019/12/11 (水)
購入申込期間 開始: 2019/12/12 (木) ~ 終了: 2019/12/17 (火)
上場予定日 2019/12/19 (木)

SREホールディングスのIPO(新規上場)基本情報

公募株式数 総計:4,484,600株
(公募:1,400,000株 / 売出:3,084,600株)売出株式比率:68.8%
O.A.分 672,600株
発行済株数 15,128,000株 (上場時、公募株数含む)
OR 34.1% (オファリング・レシオ、OA分含む計算)
想定価格 2,975円
仮条件価格 2,550~2,650円 (変動率:-14.3%-10.9% 超弱気 )
公募価格 2,650円
IPOの資金用途 AI技術の基礎研究や実業(リアル)での実用化・応用化・汎用化に向けた応用研究のための研究開発費。 AIソリューション事業における販売用ソフトウエアの開発費。AI関連の人材、不動産仲介に係る法人営業や不動産開発に係る人材の増強のための人件費及び人材採用研修費。 ITプラットフォームにおける不動産売買仲介の物件情報や集客に係る各メディアへの広告宣伝費。IoT環境を備えたスマートホーム「AIFLAT(アイフラット)」を提供するための物件取得費用に係る短期借入金の返済や営業用不動産の取得費用。 当社業務処理の最適化を目的とした統合基幹業務システムの開発費。

SREホールディングスのIPO価格マトリックス(価格・吸収金額・時価総額)

想定価格 公開価格 初値 現在値
株価 2,975円 2,650円
-325円
- -
変化率 -10.9% - -
吸収金額 153億円 136億円
-16億円
-
時価総額 450億円 400億円
-49億円
- -
※左から右へ時系列的に並んでいます。増減比は左のカラム(行)に対するものです。
※吸収金額はOA(オーバーアロットメント)分を含んで計算しています。

SREホールディングスの取り扱い証券会社と引受割合・シンジケート

主幹事証券
幹事団と割当
証券会社名 割当数 割当(%) 抽選配分
SMBC日興証券 3,587,800株 80.00% 3,588枚
大和証券 493,300株 11.00% 740枚
SBI証券 224,200株 5.00% 1,009枚
野村證券 134,500株 3.00% 121枚
楽天証券 22,400株 0.50% 224枚
マネックス証券 22,400株 0.50% 224枚
(その他: 松井証券 )
※抽選配分は過去の個人投資家への同一条件抽選状況をもとに、およその配分量を算出したものです。
マネックス証券IPO初心者におすすめ取引実績、お預かり資産に関係なく平等に当選の可能性!

企業データ

会社名 SREホールディングス
所在地 東京都港区北青山三丁目1番2号
設立 2014年04月14日
従業員数 115人
監査法人 PwCあらた有限責任監査法人

SREホールディングスの概況(直近の経営指標、業績予想)

SREホールディングスの経営指標グラフ
・単独(単位・千or百万)
決算期 売上
変化率
経常利益
変化率
当期利益
変化率
純資産
総資産
2015/03
(単・1期)
226,534 -311,874 -314,654 530,345
757,460
2016/03
(単・2期)
1,168,369
415.8%
-427,005
36.9%
-485,334
54.2%
2,846,140
3,329,863
2017/03
(単・3期)
2,067,361
76.9%
-90,069
-78.9%
-227,505
-53.1%
2,618,634
3,240,258
2018/03
(単・4期)
2,597,370
25.6%
196,019
-317.6%
300,340
-232.0%
2,918,804
3,568,691
2019/03
(単・5期)
2,853,923
9.9%
380,287
94.0%
220,650
-26.5%
3,118,376
4,022,476
・連結(単位・千or百万)
決算期 売上 経常利益 当期利益 純資産
総資産
2019/03
(連・5期)
2,896,438 435,049 259,568 3,179,486
4,115,804
1株あたりに基づく指標
・単独
決算期 EPS BPS 配当
2015/03(単・1期) -30,064.27 36,201.08 0
2016/03(単・2期) -13,025.63 62,170.25 0
2017/03(単・3期) -4,971.72 57,198.54 0
2018/03(単・4期) 21.88 212.54 0
2019/03(単・5期) 16.07 227.00 0
・連結
決算期 EPS BPS 配当
2019/03(連・5期) 18.91 231.45 --
予想PER 109.09倍 (2020/03連・参考EPS:27.27・想定価格2,975円ベース)
予想PBR 6.10倍 (2020/03連・参考BPS:487.56・想定価格2,975円ベース)
予想配当 0.00円(2020/03)

SREホールディングスの上場前既存株主の状況(ロックアップ・ベンチャーキャピタル保有状況)

氏名 株数(株) 割合(%) ロックアップ
ソニー株式会社 7,727,400
(1,000,000:12.9%)
53.01 180日
Zホールディングス株式会社 6,000,000
(2,084,600:34.7%)
41.16 180日
西山 和良 380,100 2.61 180日
角田 智弘 63,000 0.43 180日
河合 通恵 51,000 0.35
青木 和大 42,000 0.29 180日
その他48名 38,400 0.26
喜志 武弘 32,100 0.22 180日
上出 昇 30,000 0.21 180日
清水 卓 30,000 0.21 180日
既存株主総計(53) 14,577,300 100 対象 14,319,600株
カバー率 98.23%
※上位10名までを表示。株数のカッコ内は売出放出数と割合。
※ベンチャーキャピタルの名称を青色で表示
VC推定保有(0)
(内ロックアップ)
0株
0株(0.00%)

SREホールディングスのストックオプション(新株予約権)の状況

総会決議 対象株数(株) 行使価格(円) 行使期間
2015-12-21 318,000 300 (自)2016-01-29~(至)2026-01-28
2015-12-21 66,300 300 (自)2017-12-22~(至)2025-12-21
2018-06-18 238,500 400 (自)2018-08-06~(至)2028-08-05
2018-06-18 84,600 400 (自)2020-06-18~(至)2028-06-17
2019-07-26 107,100 1,967 (自)2022-07-27~(至)2029-07-26
2019-07-26 34,800 1,967 (自)2022-07-27~(至)2029-07-26
SO総計(6) 849,300 上場時算入 622,800株
※上場時に対象となるストックオプションの対象株数を青色で表示

SREホールディングスの初値予想・評価・BBスタンス・初値結果関連

BB参加姿勢 評価:5点 (C:微妙)
初値予想
(BB開始時)
2,800円(想定価格比: -175円/-5.9%
直前予想
(上場前)
まだ更新していません
※評価はS~Dまで、初値予想はBB開始時と上場前直前に行っています。
・新規承認時の第一印象 6点 (B:やや積極的)
ソニーが手を出しヤフーが協力している不動産テック企業。
不動産仲介をAIなどの技術力でコスト削減して価値を提供しようとしている。

想定価格は不動産セクターとは言い難い割高感。ただし、業績の伸びは順調。
専門性の高そうな不動産市場の仕事を取れれば市場規模大きく成長性を評価できる。

150億レベルの大型IPOで、上場時期は過密状態。
上場タイミングの状況を予測して悩ましい参加姿勢になりそう。
想定仮条件(2,500円~3,450円)が幅広いので仮条件がどこになるか見もの。

個人的には第一印象では興味あり側。
・ブックビルディング姿勢に対するコメント
1.注目度…全般的なIPOとしての注目

SREのSはソニーのSで「Sony Real Estate」か?ソニー傘下の不動産業。Zホールディングス(ヤフー)とタッグ。
不動産テック業として注目度は高い。

上場ラッシュの中、大型マザーズがどれだけ注目されるかは難しい。
また不動産テックとしての評価が、どこまで評価されるか?

2.割安性…PER,PBRなど財務情報、価格設定から

2020年3月度、連結予想EPSは27.27円。
想定価格(仮条件平均)2,975円から計算される予想PERは約109.09倍。

予想PER100倍を超える不動産業にしては見込まれた価格設定
ただし仮条件では上限2,650円まで引き下げてきた。
もともとがやや強気すぎたのではないか?と感じる。この条件でどれだけ買いが集まるか?

3.規模…吸収金額と市場、売り圧力関係

吸収金額は約153億円(想定価格ベースOA分含む)の大型IPO。
上場市場は東証マザーズ。主幹事はSMBC日興証券

売出株式比率68.8%と売出が多い、またオファリングレシオもやや高め。
売出はソニーとZホールディングスからで、上場後もある程度の割合を保有することとなる。

その他、ベンチャーキャピタルからなどの出資は見当たらない
ストックオプションの未行使残は300~400円で行使期間に入るものが63万株ほど。
まとまった売りはすぐには出ないと思うが、一応の売り圧力として意識しておきたい。

上場ラッシュの中、規模感・値付け感からすると初値で買える材料に乏しい印象は拭えない。

4.業種…人気化しそうな業種か?魅力があるかなど

不動産仲介システムをAIを駆使して、さらにヤフーのポータルのアクセス力をプラスしてコスト削減化するのは魅力。
町中にたくさんある不動産仲介業の余計な人件コストから取って代わる可能性はある。

業績が伸びているのも積極的に利用が増えている証拠で、とりあえず期待感は強い。
ただ、上場時の株価がやや見込まれすぎていて、IPO株の投資目線では割高株の印象もある。

5.評価…総合的評価や特記的事項を含める

AIによって不動産の適正価格をはじき出すシステムというのは技術の見せ所で、
ソニー子会社が技術開発しているというのは注目度を集めそう。
実際に利用契約数増加で売上が伸びている。不透明感のある不動産価格値付けを打破して成功を目指す。

事業や業績は認めたいが、IPOとしては大型で見込まれた価格設定なため初値視点で難解模様
個人的には業種注目で参加したいが、公募割れ覚悟での参加となる。

仮条件もやや弱気となり、大口の評価が微妙かもしれないと考えると買いが入らず低調なスタートを予測。
BBスタンスはCとする。ただ、個人的には狙うならこういったIPOということで参加姿勢を考えている。

全体考察
総合得点は5点で、私のBBスタンスはC評価です

SREホールディングスへのみんなの初値予想

初値的中で最大2000円分のアマゾンギフト券をゲット!皆さんの初値予想の投稿をお待ちしています。
現在の読者予想件数:61件
読者予想サマリ 平均値:3,361円 | 中央値:2,710円 | 補正値:2,822円
最高:35,700円 >>>> 最低:2,350円
貴夫パパ様(2019/12/12) スタンス:(A) BB期間終了後
予想値:2,900円(公募価格比:+250円)
hawk様(2019/12/11) スタンス:(C) BB期間終了後
予想値:2,910円(公募価格比:+260円)
こんなもん
Zeku様(2019/12/11) スタンス:(D) BB期間終了後
予想値:2,450円(公募価格比:-200円)
割高過ぎます。
ごくう様(2019/12/10) スタンス:(なし) BB期間終了前
予想値:2,480円(公募価格比:-170円)
期待できない
愛読者様(2019/12/10) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:3,000円(公募価格比:+350円)
少し期待を込めて
waikazu様(2019/12/10) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:3,110円(公募価格比:+460円)
微妙だな
マヌカハニー様(2019/12/09) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,650円(公募価格比:±0円)
仮条件の上限あたりを予想
リコピン様(2019/12/09) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,500円(公募価格比:-150円)
見物に徹する
背脂チャッチャ様(2019/12/09) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,600円(公募価格比:-50円)
当たったら悩みそう
豚毛様(2019/12/09) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,700円(公募価格比:+50円)
かなり危険な香りがするわ
房州ビワ様(2019/12/09) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,550円(公募価格比:-100円)
安全第一
ペリドット様(2019/12/09) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,464円(公募価格比:-186円)
こらあかん、仮条件下げても高すぎる
このもん様(2019/12/09) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,710円(公募価格比:+60円)
150億の規模はきつそうですね
しかも仮条件下げてますし。
IPO投資家様(2019/12/09) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,910円(公募価格比:+260円)
微プラスと予想。
トムトム様(2019/12/09) スタンス:(A) BB期間終了前
予想値:3,500円(公募価格比:+850円)
AI事業の成長力に注目したい。
アロエ様(2019/12/08) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,405円(公募価格比:-245円)
割高過ぎて危ない!?
LARK様(2019/12/08) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,350円(公募価格比:-300円)
12月だけで20社以上の公開。
多すぎ
駆け込み公開する企業はあまり質が良くない傾向がある
色違いのベトベトン様(2019/12/08) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,450円(公募価格比:-200円)
仮条件の上限ですら決まらないだろう
★★★★四星球様(2019/12/07) スタンス:(なし) BB期間終了前
予想値:2,650円(公募価格比:±0円)
多分こんなもん
国母和宏(麻薬の売人)様(2019/12/07) スタンス:(S) BB期間終了前
予想値:35,700円(公募価格比:+33,050円)
ベーコンレタスバーガーセット並みにバリューでお得だと思う
アルファルファ様(2019/12/07) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,451円(公募価格比:-199円)
売上高1桁成長でPER100倍超えは割高過ぎて公募割れかも
なりきん様(2019/12/07) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,650円(公募価格比:±0円)
いらない
かめきち様(2019/12/07) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,750円(公募価格比:+100円)
仮条件が弱気の設定になっているのが気になります。機関投資家から評価されていないということになると、買いが入らず、最悪公募割れも有り得ると思います。
ピア様(2019/12/06) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,700円(公募価格比:+50円)
不動産セクターとしては割高感があるような・・・
カレーどすた様(2019/12/06) スタンス:(A) BB期間終了前
予想値:2,760円(公募価格比:+110円)
ソニーとAIとの強力タッグで、そこそこの上げが見込めます。
SBIではポイントを使えば2枚配分あるかもしれません。
今年みずほでやっと初めてダブルエーが当たりましたが、蓋を開けてみれば公募割れ銘柄を押し付けられただけでした。
セカンダリで買い増ししたあげく大失敗したので大損しました><。。。
なんとかこの損失を取り戻したいので、当たりやすそうなこの銘柄に複数枚確保目指して全力でのぞみます。
本来ならS評価としたいところですが、日興なので当たらないのでA評価どまりです。
ごり様(2019/12/06) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,820円(公募価格比:+170円)
要らない。
UG様(2019/12/06) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,680円(公募価格比:+30円)
不動産にしては割高過ぎる。投資家をなめてるな。
スティンガー様(2019/12/06) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,640円(公募価格比:-10円)
仮条件が弱気な為、パスします。
みるくま様(2019/12/05) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,500円(公募価格比:-150円)
公募割れの可能性ありそう。ちょっと怖い。
三木様(2019/12/05) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,620円(公募価格比:-30円)
SBで20万失った私は大型銘柄はこりごり。
だーく様(2019/12/05) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,860円(公募価格比:+210円)
評価が分かれるところ
みんすくみ様(2019/12/05) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,530円(公募価格比:-120円)
あったかくておいしいので煮込みうどんで
そろそろ当たってほしい日興
k&k様(2019/12/05) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,580円(公募価格比:-70円)
申し込みを取り消しました。公募割れ確実でしょう。
jjtenyu様(2019/12/05) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,690円(公募価格比:+40円)
パスします
ダングラ様(2019/12/05) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,700円(公募価格比:+50円)
不動産ですがAIには期待
goma345様(2019/12/05) スタンス:(B) BB期間終了前
予想値:3,440円(公募価格比:+790円)
バックアップ企業がしっかりしており、それなりのプラスが望めそう。
レモンパン様(2019/12/05) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,650円(公募価格比:±0円)
下振れ。
hakio様(2019/12/05) スタンス:(B) BB期間終了前
予想値:2,800円(公募価格比:+150円)
期待する
まつ様(2019/12/05) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,650円(公募価格比:±0円)
公募付近
hal様(2019/12/05) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,950円(公募価格比:+300円)
パスです。。
バナくん様(2019/12/04) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,800円(公募価格比:+150円)
雰囲気悪いね
かばじゃない様(2019/12/04) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,600円(公募価格比:-50円)
黒字にはなったといってもねぇ。割高でしょう。
ももんが様(2019/12/04) スタンス:(A) BB期間終了前
予想値:2,860円(公募価格比:+210円)
これくらいまでいったりして
my20001様(2019/12/04) スタンス:(S) BB期間終了前
予想値:3,230円(公募価格比:+580円)
仮条件弱気な銘柄が目立ちます
かぶけ様(2019/12/03) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,570円(公募価格比:-80円)
厳しい
赤羽様(2019/12/03) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,510円(公募価格比:-140円)
おうちダイレクト
てんた様(2019/12/03) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,650円(公募価格比:±0円)
ここまで下げてまで上場したいんだね。まあ出口感はないけど。
ぽかぴ様(2019/12/03) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,800円(公募価格比:+150円)
この弱気はいいんじゃないでしょうか。といっても割れないだけかな。無理して参加はしないけど、余力があれば、あるだけ参加で行こうと思います。
タカ様(2019/12/02) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:3,010円(公募価格比:+360円)
ぎゃーふぶ様(2019/12/02) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:3,270円(公募価格比:+620円)
これぐらい。
ルイコスタ様(2019/12/02) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,975円(公募価格比:+325円)
プラマイゼロ付近。
なない様(2019/12/01) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:3,000円(公募価格比:+350円)
うーーーーーん。
割れるかもねえ
さとさと様(2019/11/28) スタンス:(B) BB期間終了前
予想値:3,270円(公募価格比:+620円)
AIは伸びていくので、参加!
りすきち様(2019/11/19) スタンス:(B) BB期間終了前
予想値:3,200円(公募価格比:+550円)
ソニーとヤフーでAI技術
みよぶー様(2019/11/18) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:3,000円(公募価格比:+350円)
似た名前おおいな・・
ぽんこつ様(2019/11/16) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:3,100円(公募価格比:+450円)
割高感が強くて伸びなさそう
raichou様(2019/11/15) スタンス:(なし) BB期間終了前
予想値:3,100円(公募価格比:+450円)
にゃが様(2019/11/14) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:3,010円(公募価格比:+360円)
微益かな
MT5様(2019/11/14) スタンス:(D) メルアドなし BB期間終了前
予想値:2,650円(公募価格比:±0円)
IPOラッシュで需給が悪くなる中、IPOとしては人気のない不動産業でこの規模じゃ、どう考えても公募割れ確実でしょう。
ジン毛ベア様(2019/11/14) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:3,980円(公募価格比:+1,330円)
これくらいは値をつけると思います‼️
きむ様(2019/11/14) スタンス:(B) BB期間終了前
予想値:4,000円(公募価格比:+1,350円)
4000円位かな
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページ・目論見書などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ