ジャパンマテリアルのIPO新規上場情報

ジャパンマテリアルの概要

ジャパンマテリアル
市場:東2 (サービス業)
事業内容:エレクトロニクス関連事業およびグラフィックスソリューション事業

ジャパンマテリアルのIPO(新規上場)日程関連

仮条件決定日 2011/11/29 (火)
BB期間 開始: 2011/12/01 (木) ~ 終了: 2011/12/07 (水)
公募価格決定 2011/12/08 (木)
購入申込期間 開始: 2011/12/09 (金) ~ 終了: 2011/12/14 (水)
上場予定日 2011/12/19 (月)

ジャパンマテリアルのIPO(新規上場)基本情報

公募株式数 総計:582,100株
(公募:270,000株 / 売出:312,100株)売出株式比率:53.6%
O.A.分 87,300株
発行済株数 2,652,720株 (上場時、公募株数含む)
OR 25.2% (オファリング・レシオ、OA分含む計算)
想定価格 2,800円
仮条件価格 2,500~2,800円 (変動率:-10.7%0.0% 中立 )
公募価格 2,650円
IPOの資金用途 子会社の株式会社JMテック事業所新設のために100,000千円を平成24年9月に充当予定であります。残額を本社工場拡充及び基幹システムへの設備資金並びに今後の事業拡大のための資金として時期は未定ですが、充当する予定

ジャパンマテリアルのIPO価格マトリックス(価格・吸収金額・時価総額)

想定価格 公開価格 初値 現在値
株価 2,800円 2,650円
-150円
2,440円
-210円
1,572円
分割 36倍
(+54,152円)
変化率 -5.4% -7.9% +2,219.3%
吸収金額 18.7億円 17.7億円
-1.4億円
16.3億円
-1.4億円
時価総額 74.2億円 70.2億円
-3.9億円
64.7億円
-5.5億円
1652億円
+1588億円
※左から右へ時系列的に並んでいます。増減比は左のカラム(行)に対するものです。
※吸収金額はOA(オーバーアロットメント)分を含んで計算しています。

ジャパンマテリアルの取り扱い証券会社と引受割合・シンジケート

主幹事証券
幹事団と割当
証券会社名 割当数 割当(%) 抽選配分
東海東京証券 465,900株 80.04% 466枚
野村證券 52,300株 8.98% 47枚
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 29,100株 5.00% 32枚
みずほ証券 17,400株 2.99% 17枚
SMBC日興証券 11,600株 1.99% 12枚
岡三証券 5,800株 1.00% 6枚
(その他: カブドットコム証券 )
※抽選配分は過去の個人投資家への同一条件抽選状況をもとに、およその配分量を算出したものです。
マネックス証券IPO初心者におすすめ取引実績、お預かり資産に関係なく平等に当選の可能性!

企業データ

会社名 ジャパンマテリアル
所在地 三重県三重郡菰野町永井3098番22
設立 1997年04月28日
従業員数 162人
監査法人 有限責任 あずさ監査法人

ジャパンマテリアルの概況(直近の経営指標、業績予想)

ジャパンマテリアルのストックオプション(新株予約権)の状況

データ未更新。2015年6月以降の上場銘柄に関して情報更新中です。

ジャパンマテリアルの初値予想・評価・BBスタンス・初値結果関連

BB参加姿勢 評価:5点 (C:微妙)
初値予想
(BB開始時)
2,850円(想定価格比: +50円/+1.8%
直前予想
(上場前)
2,650円(公募比: 0円/0.0%
初値 2,440円(公募比: -210円/-7.9%
※評価はS~Dまで、初値予想はBB開始時と上場前直前に行っています。
・新規承認時の第一印象
サービス業なんですが、東証2部の三重県企業。
ちょっと違和感がします。
・ブックビルディング姿勢に対するコメント
1.注目度…全般的なIPOとしての注目
三重県に本社を構えるIPOとしては微妙な銘柄。
サービス業となっているが社名が表すように実際には
ものつくりの会社か?半導体関連事業。

上場市場が東証2部で、そのあたりはらしい上場でソフトランディングかな

同日上場予定だったキューアンドエーが延期したため、
当日はこの銘柄のみの上場となる。

2.割安性…PER,PBRなど財務情報、価格設定から
2012年3月度の連結予想EPSは315.26円(T社)。
想定価格2800円で換算するとPERは約8.9倍となる。

業績は現在伸びているので、このあたりが妥当価格と判断できる。

ただ期待感からの割安性はない(業種に期待感が持てない)

3.規模…吸収金額と市場、売り圧力関係
吸収金額は約18.7億円(想定価格ベースOA分含む)、
上場市場は東証2部。規模的には普通程度だろう。

売り方に目を向けてみるとV.C.の欲しいなし、ストックオプションなし。
ロックアップがほぼ掛かっており。

この企業らしい形。上場ゴールではないというところは好感が持てる。

結局は上場日に買いが入るかだけの問題。 

4.業種…人気化しそうな業種か?魅力があるかなど

業種は基本半導体だとすると魅力はあまり良くないといいたい。

セクターがサービス業となっているので
何かその部分で期待できるものが欲しかったところ。

残念ながら未来にたいする期待感はあまりない。

5.評価…総合的評価や特記的事項を含める

悪く言えばIPOらしくない銘柄。知名度があるわけでもなく
この地味感からすると、割安な株がたくさんあるのか
投資妙味としては見られにくそう。

IPOならなんでも初値がとりあえず伸びる時期ならよかったが
今の時期だと、そっぽを向かれる可能性がある。

主幹事が東京東海証券だが、どこまで頑張れるかも気になる。
枚数的にはそれほど多い株ではないので需給が、上場当日良くなって欲しいだけです。

全体考察
総合得点は5点で、私のBBスタンスはC評価です。

ジャパンマテリアルへのみんなの初値予想

初値的中で最大2000円分のアマゾンギフト券をゲット!皆さんの初値予想の投稿をお待ちしています。
ジャパンマテリアルの初値予想投票は締め切りました。
現在の読者予想件数:3件
読者予想サマリ 平均値:2,833円 | 中央値:2,800円 | 補正値:2,833円
最高:3,000円 >>>> 最低:2,700円
my20001様(2011/12/01) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:2,700円(公募価格比:+50円)
ラリー様(2011/11/23) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:2,800円(公募価格比:+150円)
希望様(2011/11/16) スタンス:(B) BB期間終了前
予想値:3,000円(公募価格比:+350円)
業績は堅調しかし成長性はいまいち.ダブル上場.参考値EPS293円PER10倍。
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページ・目論見書などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ