端株で始める株式投資

端株(はかぶ)とは、株式の一株に満たない端数で、端株原簿に記載されたものを指す(wikipedia)

通常、株式投資は1000株とか100株とか単元が決まっていて、それに対してお金を払って投資をするものなので、数万円~数十万円くらいのお金が必要になります。でも、端株であればその100分の1~1000分の1の資金で投資が可能になってくるんです。
たった1株買うだけなら、手数料込みでも数百円~数千円でOK!お小遣い感覚から株式投資が出来る利点があります。

端株であれば、10%程度株価が下がったとしても数百円~数千円程度の損失で済み、とてもローリスクです。しかしながら数10%程度株価が上がっても同じように数百円~数千円程度で、ローリターンとなってしまいます。

端株は単元株を購入するよりも、多少手数料が割高になると考えられます。
ですので普通に考えると手数料分、損をする投資法だと思われますが、
端株で得する方法がいくつかありますので紹介いたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ