楽天証券の情報(手数料など)とIPOルールに関して

楽天証券の概要

楽天証券
 あの楽天の証券会社。トレーディングツール「マーケットスピード」は大人気。また海外ETFを先んじて出すなど、手数料のお得な商品を率先して出している。IPOは取引に応じてステージ制があり、良く取引する人に一定の優遇措置になる場合がある。通常の取引には魅力の口座だが、資金の少ない人にとってはIPOは他の証券会社に譲るか?ただ、委託幹事になる場合も多く隠れて申し込みできることも多く穴場かもしれない。
楽天証券

楽天証券のIPO抽選特徴

申し口数に対し番号を割り振って抽選
口数が多いほど当たりやすい、口数上限あり
ステージ制による優遇(ゴールド5倍・シルバー2倍・レギュラー1倍)
抽選後に倍率を発表
委託幹事(裏幹事)の実績が多いので、情報を頻繁にチェックすべき

楽天証券の費用や入出金サービスなどの情報

・固定費、入出金費用等
口座管理料 無料
入金方法 ・振込み(顧客負担)
・ネット即時無料入金対応
出金方法 ・登録指定口座へ無料出金
備考 ネットでほぼ対応
単元未満株 売買取り扱いなし

・ネットリンク入金対応銀行
みずほ
みずほ銀行
MUFG
三菱UFJ
SMBC
三井住友銀行
JP
ゆうちょ
楽天
楽天銀行
JNB
ジャパンネット
SBI
住信SBI
セブン
セブン
りそな
りそな
スルガ
スルガ
---
その他:

国内株式売買手数料(一部)

手数料体系タイプ:現物都度,信用都度,全部定額
約定金額 手数料
 10万円以下  150円
 20万円以下  199円
 50万円まで  368円
 100万円以下  657円
 150万円以下  786円
 3,000万円以下  1,244円
 3,000万円超  1,314円
※ワンショットコースの場合(税込み表示)

ブックビルディングから上場までの流れ

・BB時、後期申し込み時前受け型
流れ⇒ 新規承認 BB期間 抽選 申込期間 上場
買付余力
必要期間
BB時⇒ 申込⇒
備考 ・BB時に申告分の資産余力が必要(拘束はされない)
・購入申し込み時に、申告分の資金が必要(ここで拘束)
・購入申込期間最終日まで拘束され、そこで抽選

企業データ

会社名 楽天証券株式会社
所在地 東京都世田谷区玉川1-14-1
設立 1999年03月
資本金 7,495百万円
IPO取扱履歴
2017年 3件
2016年 8件
2015年 8件
2014年 2件
2013年 2件
2012年 3件
2008年 10件
2007年 21件
2006年 40件
2005年 44件
2004年 33件
2003年 31件

楽天証券で実施中のお得なキャンペーン

新規デビューキャンペーン
■キャンペーン条件
国内現物株式
株デビューのお客様の国内株式
国内株デビュー&3回以上取引したお客様のなかから抽選で100名様に5,000ポイントプレゼント!

【積立での買付限定】
約定期間中の合計約定金額に応じて抽選で最大5,000ポイントプレゼント!

FX
50万通貨以上のお取引でもれなく3,000ポイント10,000万通貨以上のお取引なら最大100,000ポイントプレゼント

楽天銀行同時口座開設+マネーブリッジ設定でもれなく1,000円プレゼント!

など取引で楽天スーパーポイントが貰える

■キャンペーン期間
2017/03/01 ~ 2017/03/31

■貰える内容(金額換算)
商品券 (111,000円)

■コメント
通常取引でも楽天スーパーポイントが貰えるので、楽天のポイントを貯めている方には他口座よりもポイント分でお得
※ キャンペーンは掲載外でも開催している可能性があります。
楽天証券のホームページで確認する。 証券会社キャンペーン一覧

楽天証券の体験談・口コミ 全0件

口コミ募集中  あなたの口コミ・体験談を募集しています!
証券口座を実際に利用してみて、良かった点や不満点などを投稿頂ければ幸いです。証券会社にもそれぞれ特徴があり実際に利用してみないと、使用感が分かりにくいところがあると思います。 情報をなかなか得られない人たちのために、あなたの口コミをぜひ送ってください。
口コミ・体験談入力フォームはこちら
※ 情報は更新されている可能性がありますので、詳細はホームページで確認してください。

2 Responses to “楽天証券の情報(手数料など)とIPOルールに関して”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ