【PO】ビーアールホールディングス(1726)の公募増資・売出し情報

ビーアールホールディングスの概要

市場:東1 (建設業)
特色:極東興和が中核。中国、関西地盤のPC橋梁大手。M&Aで関東、東北へエリア拡大し全国化

ビーアールホールディングスのPO基本情報(日程関連)

PO発表日 2021/02/19 (金)
価格決定期間 開始: 2021/03/02 (火) ~ 終了: 2021/03/08 (月)
発行価格決定 未決定(殆どは決定期間初日に決まります)
受け渡し日 未決定(価格決定後、1週間程度)

ビーアールホールディングスのPO基本情報

公募株式数 総計:5,300,000株
(新株:5,300,000株 / 自己株式:0株)
売出株式数 総計:795,000株
(売出:0株 / OA:795,000株)
その他割当 0株 (第三者割当など)
吸収金額 最大4,258,333,550円
発表日終値 725円
発行株増加 15.4% (増資前発行済み株式:39,700,000株)
仮条件 3.0-5.0%
発行価格 未決定
割引率 未決定
POの資金用途 今回の一般募集及び本件第三者割当増資に係る手取概算額合計上限4,258,333,550円について、 2021年3月末までに2,533,000,000円を当社子会社である極東興和株式会社及びキョクトウ高宮株 式会社への投融資に、2021年5月末までに56,000,000円を当社の設備投資に、残額を下記③によっ て当社に返済される短期貸付金と併せて、2021年3月末までに当社が当社グループの事業運営のた めに金融機関から借り入れた短期借入金の返済に充当する予定であります。 なお、極東興和株式会社への投資2,500,000,000円について、同社の資金使途は以下のとおりで あります。 ①床版取替工事の事業量拡大に向けて、機材センター倉庫設置工事等費用として2021年3月末まで に53,000,000円、2022年3月末までに134,000,000円 ②床版取替工事の施工効率の向上に向けて、「床版取替機3基」の製作費用として2022年3月末ま でに200,000,000円、2023年3月末までに100,000,000円 ③2,013,000,000円は2021年3月末までに、施工物件の長期化、大型化に伴い増加した当社からの短 期借入金の返済 極東興和株式会社は当該投資による資本増強により、引き続き長期化、大型化が見込まれる施工 物件に対する入札等における競争力の強化が見込まれます。 キョクトウ高宮株式会社への融資は、2022年3月末までに同社高宮工場におけるPC床版製作設備 に33,000,000円を充当する予定であります。 また、当社における設備投資は、2021年5月末までに、機材センター用地費用として56,000,000 円を充当する予定であります。 当社グループの主たる事業である建設業は請負業であることから資金の立替えが生じますが、近 年、長期かつ大規模な工事契約が増加していることから、資金の立替えが著しく増加してきており ます。 本資金調達によって、当社グループの今後の更なる事業拡大に向けて、財務体質の強化と健全性 の向上並びに競争力の強化を図ることができると考えております。

ビーアールホールディングスの取り扱い証券会社と引受割合・シンジケート

主幹事証券
幹事団

企業データ

会社名 ビーアールホールディングス
所在地
設立 2002年09月27日
従業員数 連結:--- 単独:---
平均年齢 ---
平均年収 ---
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページ・目論見書などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ