【PO】ビジョナリーホールディングス(9263)の公募増資・売出し情報

ビジョナリーホールディングスの概要

市場:JQS (小売業)
特色:大手眼鏡小売りチェーンのメガネスーパーを中核に据える純粋持株会社。関東圏に強み

ビジョナリーホールディングスのPO基本情報(日程関連)

PO発表日 2018/07/25 (水)
価格決定期間 開始: 2018/08/01 (水) ~ 終了: 2018/08/06 (月)
発行価格決定 未決定(殆どは決定期間初日に決まります)
受け渡し日 2018/08/09 (木)

ビジョナリーホールディングスのPO基本情報

公募株式数 総計:0株
(新株:0株 / 自己株式:0株)
売出株式数 総計:114,303,900株
(売出:99,394,700株 / OA:14,909,200株)
その他割当 0株 (第三者割当など)
吸収金額 最大0円
発表日終値 192円
発行株増加 --
仮条件 6.0-9.0%
発行価格 124円
割引率 6.06%
POの資金用途 A種劣後株式に関して、当社の主要株主である筆頭株主である投資事業有限責任組合アドバンテッジ パートナーズⅣ号・適格機関投資家間転売制限付分除外少人数投資家向け、主要株主である AP Cayman Partners Ⅱ,L.P.及び Japan Ireland Investment Partners Unlimited Company、並びにフォーティー ツー投資組合の四株主(以下「AP ファンド」という。)から取得請求権が行使され、平成 30 年6月 14 日 付で、普通株式への転換がなされました(詳細については、平成 30 年6月 14 日付当社プレスリリース 「A種劣後株式の普通株式への転換及び自己株式(A種劣後株式)の消却に関するお知らせ」をご参照 ください。)。 今般、当社は、A種劣後株式の普通株式への転換を受けて、独立企業として持続的な発展を実現する ための中長期的なオーナーシップについて、AP ファンドと協議を進めてまいりました。その結果、より 多様な当社株式の保有者層、並びにより高い流動性を形成する為に、新株の発行を伴わない当社株式の 売出しによるオーナーシップの変更が最適との結論に至りました。 当社グループは、黒字転換を成し遂げ、AP ファンドから支援された平成 24 年1月以降の「事業再生 期」は既に終えております。平成 29 年4月期以降は、「再成長期」と位置づけ、独立企業として一般株 主の皆様と共に、持続的に発展できる成長基盤の構築、並びに事業基盤の強化と経営効率の向上に取り 組み、企業価値の成長を目指しております。オーナーシップの変更に際しては、平成 30 年7月2日付当 社プレスリリース「監査等委員会設置会社移行後の役員人事に関するお知らせ」のとおり、監査等委員 会設置会社に移行し、取締役を増員する等、当社のコーポレート・ガバナンス体制を一層充実させ、経 営の継続性と機動力をより高めてまいります。 なお、平成 30 年7月 24 日開催の第1期定時株主総会にて選任された取締役につきましては、代表取 締役社長の星﨑尚彦及び取締役執行役員CFOの三井規彰が中長期的に経営に携わることは勿論のこ と、AP ファンドに関連した3名の取締役につきましても、当面の経営の連続性を担保するために、現任 期期間は職務を遂行していく予定です。

ビジョナリーホールディングスの取り扱い証券会社と引受割合・シンジケート

主幹事証券
幹事団

企業データ

会社名 ビジョナリーホールディングス
所在地
設立 2017年11月01日
従業員数 連結:--- 単独:---
平均年齢 ---
平均年収 ---
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページ・目論見書などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ