WILLER(ウィラー)のIPO新規上場観測情報

WILLER (ウィラー)の概要

事業内容:旅行業統括、バスの輸入・販売など

WILLER (ウィラー)の注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:3点 (B:やや期待)
注目度 評価:3点 (B:普通)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
ピンク色の高速バス「Willer Express」から、いろいろな事業を展開。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
創業1994年と20年以上の歴史があるウィラーは、ピカピカのベンチャー企業ではないが、ピンク色の高速バスで知られる「Willer Express」を全国で展開して収益を伸ばしてきた。売上高は2016年12月期で175億円、ウィラーグループの社員は700人を超える。

ウィラーは高速バスの運営にとどまらず、ユニークな移動ソリューションを展開している。例えば、2階建ての「レストランバス」に乗れば、地方に点在する酒蔵や美食家が好む野菜の畑を回ることができる。バスの1階ではシェフがローカルの食材を使って料理を作り、客は2階席で舌鼓を打ちながら日本の食と文化を経験できる。

海外事業も手がけるウィラーは2018年、「Willer Vehicle(ウィラー・ビークル)」という名のサービスを台湾やベトナムを中心に本格化させる。特別に開発したウィラー・ビークルには運転手がつき、コンシェルジェとオンラインで会話をしながら、旅に出かけられる。コンシェルジェは多言語に対応するという。旅行者にとっての課題である言葉と交通を解決するサービスとして始めたという。

企業データ

会社名 WILLER (ウィラー)
所在地 大阪府大阪市北区大淀中 1-1-88-600 梅田スカイビルタワーイースト6階
設立 2005年06月01日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ