富士山の銘水のIPO新規上場観測情報

富士山の銘水の概要

事業内容:ミネラル水の製造・販売及び輸出入

富士山の銘水の注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:3点 (B:やや期待)
注目度 評価:3点 (B:普通)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
ウォーターサーバーなど。上場を名言。販路拡大で成長。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
「フレシャス」ブランドで水宅配事業を展開している富士山の銘水(本社山梨県、粟井英朗社長)は8月1日、新商品発表会の場で、19年2~3月をめどに東証一部に上場する計画を発表した。

同社の17年3月期の売上高は110億円、純利益は12億円だった。同社の18年3月期は、売上高170億円、純利益は15億円の見通し。「水宅配業界の、売上高が100億円を超える大手5社の中で、純利益が1億円を超えているのは当社だけだ」(粟井社長)と言う。

 同社が目指すのは、19年2~3月の東証一部上場だ。主幹事は野村証券が務める。
 同社はウォーターサーバーを独自に開発、レンタルと販売を行っている。16年9月期末の累計サーバー台数は27万台。サーバー自体を無料で貸し出し、水の定期購入を収益源とする同業他社とは違い、サーバーの性能・品質での差別化を志向している。

企業データ

会社名 富士山の銘水
所在地 山梨県富士吉田市上吉田4961番地1
設立 2010年03月01日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ