青木フルーツホールディングスのIPO新規上場観測情報

青木フルーツホールディングスの概要

事業内容:フルーツショップ事業・フルーツバー事業・フルーツタルト & カフェ事業

青木フルーツホールディングスの注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:2点 (C:微妙)
注目度 評価:2点 (C:微妙)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
全国にフルーツ専門店を展開。オールド企業になるので上場初値は期待薄か?ただし、フルーツの価値が変わらぬ高さがある。

好き嫌いは分かれそう。私はフルーツには可能性は感じる。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
海外展開を考え上場方針あり。店舗数拡大も。

青木商店、18年度までに上場方針。
生ジュース店を全国展開する青木商店(福島県郡山市)の青木信博会長兼社長は13日、2018年度までに株式上場する方針を表明した。
「海外に出るときには日本で信用を持っていることが重要だ」と国際展開に向けた意義を強調した。
同日発表した16年度から3カ年の中期経営計画では、店舗数を15年度末の205から220に増やす目標も明示した。(2016年の記事)

企業データ

会社名 青木フルーツホールディングス
所在地 福島県本宮市荒井字恵向37番1
設立 1924年05月01日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ