AvanStrateのIPO新規上場情報

AvanStrateは上場中止となりました。

AvanStrateの概要

AvanStrate
市場:東未 (ガラス・土石製品)
事業内容:液晶ディスプレイ・パネル用ガラス基板の製造・販売

AvanStrateのIPO(新規上場)日程関連

仮条件決定日 2012/04/06 (金)
BB期間 開始: 2012/04/09 (月) ~ 終了: 2012/04/13 (金)
公募価格決定 2012/04/16 (月)
購入申込期間 開始: 2012/04/17 (火) ~ 終了: 2012/04/20 (金)
上場予定日 2012/04/24 (火)

AvanStrateのIPO(新規上場)基本情報

公募株式数 総計:35,120,000株
(公募:8,200,000株 / 売出:26,920,000株)売出株式比率:76.7%
O.A.分 2,634,000株
発行済株数 107,458,900株 (上場時、公募株数含む)
OR 35.1% (オファリング・レシオ、OA分含む計算)
想定価格 610円
仮条件価格 500~610円 (変動率:-18.0%0.0% やや弱気 )
公募価格 未決定
IPOの資金用途 当社台湾子会社であるAvanStrate Taiwan Inc.への投融資資金に全額充当する予定。当該投融資資金につきましては、AvanStrate Taiwan Inc.における加工ライン設備の新設及び建屋の増設に係る設備投資資金として全額充当する予定

AvanStrateのIPO価格マトリックス(価格・吸収金額・時価総額)

想定価格 公開価格 初値 現在値
株価 610円 - - -
変化率 - - -
吸収金額 230億円 - -
時価総額 655億円 - - -
※左から右へ時系列的に並んでいます。増減比は左のカラム(行)に対するものです。
※吸収金額はOA(オーバーアロットメント)分を含んで計算しています。

AvanStrateの取り扱い証券会社と引受割合・シンジケート

主幹事証券
幹事団と割当
証券会社名 割当数 割当(%) 抽選配分
大和証券 890,292,000株 2,535.00% 1,335,438枚
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 536,106,800株 1,526.50% 589,717枚
メリルリンチ日本証券 167,346,800株 476.50% -枚
野村證券 59,001,600株 168.00% 53,101枚
SMBC日興証券 59,001,600株 168.00% 59,002枚
岡三証券 14,750,400株 42.00% 14,750枚
東海東京証券 14,750,400株 42.00% 14,750枚
髙木証券 14,750,400株 42.00% -枚
(その他: カブドットコム証券 )
※抽選配分は過去の個人投資家への同一条件抽選状況をもとに、およその配分量を算出したものです。
マネックス証券IPO初心者におすすめ取引実績、お預かり資産に関係なく平等に当選の可能性!

企業データ

会社名 AvanStrate
所在地 三重県四日市市千歳町2番地
設立 2008年02月08日
従業員数 1671人
監査法人 新日本有限責任監査法人

AvanStrateの概況(直近の経営指標、業績予想)

AvanStrateのストックオプション(新株予約権)の状況

データ未更新。2015年6月以降の上場銘柄に関して情報更新中です。

AvanStrateの初値予想・評価・BBスタンス・初値結果関連

BB参加姿勢 評価:3点 (D:パス)
初値予想
(BB開始時)
550円(想定価格比: -60円/-9.8%
直前予想
(上場前)
まだ更新していません
※評価はS~Dまで、初値予想はBB開始時と上場前直前に行っています。
・新規承認時の第一印象
国内公募は半分の4100000株の予定
新株予約権行使による上場時発行株株数増加の可能性。
売出しが非常に多い。

昨年度、上場予定だったが延期。
その時は想定価格720円。公募数も多かった。
今回は公募数圧縮、ただし売り出しは若干増加。

業種もイマイチだし、きびしい。
・ブックビルディング姿勢に対するコメント
1.注目度…全般的なIPOとしての注目
昨年度、震災の影響もあり上場を延期した大型案件。
ある意味注目度は高い銘柄だが、しかしそれはいい意味ではない。

さらに前回の上場時の業績予想が現在の見通しでは
大幅に落ちていることは気をつけたい。

個人的にはこの時点でこの銘柄はパス銘柄。

2.割安性…PER,PBRなど財務情報、価格設定から
2013年3月度の連結予想EPSは71.89円(T社)。
想定価格610円で計算するとPERは8.49倍程度。

特に割安水準とは言えず、数値的には妥当な程度。
ただし先にあげたように業績予想の変化をみると食指が伸びない。

3.規模…吸収金額と市場、売り圧力関係
吸収金額は約230億円(想定価格ベースOA分含む)、
上場市場は東証予定で公募価格決定後に市場が決まる。

2012年度最大級の規模のIPOとなる。
最近のIPOの傾向としても規模の大きさは苦しい。
また半分は海外へのグローバルオファリングの予定(あくまで予定)

既存株主の上位を占めるV.C.やHOYAには
ロックアップが掛かっており180日で解除。

ストックオプションの残数も190万株と多いが、
時限行使となっていてそんなに上場時には売れない形。
行使価格は500円がほとんど。

こうやって見ると上場時すぐに売り抜けといった感じは
出来ないよう対策されているように見れる。
初値売りならギリギリ公募付近を保てるのではないかという感触は受ける。


4.業種…人気化しそうな業種か?魅力があるかなど

10年前であれば、もう少しは人気化や魅力もあっただろう銘柄。
今となってはコスト競争が目に見えている時代なので、
先見的には魅力を感じない。

ただし現時点での過去数年の売上、利益は増加傾向。

上場後すぐぐらいの株価であれば多少維持はするかもしれない。

5.評価…総合的評価や特記的事項を含める


上場時の規模のボリューム感で×
また業種も、半導体業界と同じくコスト競争の中にあり先行きが微妙。
そして上場1年延期後の業績予想の大幅下落で信用感もない。

こういった銘柄は人気がでるとは思えず、頑張って公募付近で落ち着くと見る。

わざわざブックビルして、公募で取得するような銘柄ではないだろう。
仮条件の下限500円で決まって、550円ぐらいの初値。
その後500~600円をしばらく行ったり来たりするのがみんなの理想かもしれない。

全体考察
総合得点は3点で、私のBBスタンスはD評価です

AvanStrateへのみんなの初値予想

初値的中で最大2000円分のアマゾンギフト券をゲット!皆さんの初値予想の投稿をお待ちしています。
AvanStrateの初値予想投票は締め切りました。
現在の読者予想件数:4件
読者予想サマリ 平均値:543円 | 中央値:550円 | 補正値:543円
最高:590円 >>>> 最低:450円
my20001様(2012/04/07) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:580円(想定価格比:-30円)
きむ様(2012/03/30) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:590円(想定価格比:-20円)
ラリー様(2012/03/28) スタンス:(D) BB期間終了前
予想値:550円(想定価格比:-60円)
希望様(2012/03/21) スタンス:(C) BB期間終了前
予想値:450円(想定価格比:-160円)
事業。人気。成長。信頼。等全ての項目で魅力無し。会社発表の今期そして来期業
績予想精査したい。参考値-今期第3四半期まで実績はEPS13円BPS340円.
特に信頼性とり上げたのは昨年延期時の今期業績予想は売上630億純利益141億
EPS120円で有りご参考までに。
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページ・目論見書などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ