【PO】淺沼組(1852)の公募増資・売出し情報

淺沼組の概要

[1852]淺沼組
市場:東1 (建設業)
特色:1892年創業の関西系中堅ゼネコン。学校や官公庁建築に実績を持つ。関西を地盤に全国展開

淺沼組のPO基本情報(日程関連)

PO発表日 2017/02/28 (火)
価格決定期間 開始: 2017/03/08 (水) ~ 終了: 2017/03/13 (月)
発行価格決定 未決定(殆どは決定期間初日に決まります)
受け渡し日 2017/03/16 (木)

淺沼組のPO基本情報

公募株式数 総計:6,700,000株
(新株:6,700,000株 / 自己株式:0株)
売出株式数 総計:1,000,000株
(売出:0株 / OA:1,000,000株)
その他割当 0株 (第三者割当など)
吸収金額 最大2,547,780,000円
発表日終値 360円
発行株増加 10.0% (増資前発行済み株式:77,386,293株)
仮条件 3.5-5.5%
発行価格 324円
割引率 3.57%
POの資金用途 今回の一般募集及び本件第三者割当増資による手取概算額合計上限 2,547,780,000 円については、 1,175,000,000 円を平成 31 年3月末までに技術研究所の試験装置の機能更新及び研究施設の増改築に係る 設備投資に、590,000,000 円を平成 32 年3月末までに工事現場の生産性向上及び業務の効率化による収益 力の向上等を目的としたICT(情報通信技術)関連システム(BIM(注)、CIM(注)、原価管理シ ステム等)の構築(システム開発及びソフトウエア、関連機器購入)に係る設備投資に、694,000,000 円を平 成32 年3月末までに業務の効率化による経費削減を目的とした基幹システム関連(会計システム、人事給与 システム、営業・工事・企画システム等)の構築(システム開発及びソフトウエア、関連機器購入)に係る 設備投資の一部に、また、残額が生じた場合は、平成 30 年3月末までに金融機関から運転資金として調達 した短期借入金返済の一部に、それぞれ充当する予定であります。 技術研究所の試験装置の機能更新については、価格競争力を強化するための工事コスト縮減に資する技術 開発及びリニューアル関連工事(既存構造物や建物の改修・改築等)の受注力の強化のための、技術研究所 の新規試験装置(動的載荷装置、疲労耐久試験機等)購入や最新式試験装置(3次元振動台、コンクリート 圧縮試験機等)への入替え、及びソフトウエアのバージョンアップ(実建物振動測定システム等)に係る費 用として、300,000,000円を平成31年3月末までに充当する予定であります。 また、研究施設の増改築については、試験装置更新に伴う間取り変更や研究ヤードの拡張等に係る費用と して、875,000,000円を平成31年3月末までに充当する予定であります。 なお、基幹システム関連の構築に係る設備投資の不足額については、自己資金を充当する予定であります。

淺沼組の取り扱い証券会社と引受割合・シンジケート

主幹事証券
幹事団

企業データ

会社名 淺沼組
所在地 大阪市浪速区湊町1−2−3
設立 1937年06月15日
従業員数 連結:1,262人 単独:1,261人
平均年齢 44.10歳
平均年収 7,540千円
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページ・目論見書などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ