一般信用売建可能銘柄数は日本一、カブドットコム証券さんに突撃インタビューしてきました(後編)

当サイトでも株主優待のクロス取引手法の中でよく紹介している一般信用売建の銘柄数が断然の日本一。その他にもネット証券として多くのファンを持つカブドットコム証券さんに突撃インタビューしてきました!

お忙しい中、貴重な機会を作って頂いたカブドットコム証券さんに感謝いたします。

インタビュー後半では、様々なサービスや注力している点、口座活用方法などを中心に聞きました。これから口座を作って活用しようとしている人にヒントになる部分が多くあればと思います。

東証1部上場 カブドットコム証券

カブドットコム証券はMUFGの一員で、また東証1部上場企業でもあります。
通路には多くの盾が飾られていました。そしてセキュリティも強く、入り口は顔認証でハイテクでした。

後半のインタビュー内容ではネット証券らしい、これから投資を始める人に優しいサービスが豊富な印象が伝わると良いなと感じます。

それではインタビュー後半に行ってみましょう!


Q.実施中のキャンペーンについてですが、株式入庫でキャッシュバックが貰えることが多いですが株式入庫には力を入れていますか?

株式や投資信託の入庫に力を入れているのは、例えば投資信託であれば入庫しただけでアセット収入がある点です。後は、お預かり資産が増えることで当社のブランド力が上がる程度でしょうか?

特に株式の残高が増えることで、それ以上に何か目的があるということはないです。お客様の視点から見ればキャンペーンでのキャッシュバックもありますし、当社は貸し株サービスも充実していますので、入庫キャンペーンを活用していただければ幸いです。


Q.システム関連について教えて下さい。ネット証券の取引リスクで発注トラブルなども聞きますが、カブドットコム証券としてはどのような対策を取っていますか?

TVでこの場所よく映るような当社のシステムは自社内でほぼ構築しております。何か起きればすぐに対処できるというのは他社にはない強みだと思います。サービスの改善に関しても自社でシステム構築しているため、他社よりも速く行うことが出来ます。

万が一の場合の対応が速いというのもありますが、未然にそういったトラブルを起こさないような対応も重要です。直近で例えば機械的なトラブル(ログインが一時的に出来ないなど)は数年起きていない状態です。実績を見て頂ければ他社様よりもそういったトラブルが起きていないことも証明されていると思います。

他社様のネットシステムにログインすると同じ画面だったりする証券会社様もあると思います。そこを見れば他社様がシステムをアウトソースしていて、当社のシステムは自社構築していて違うということが分かるかと思います。


Q.三菱UFJフィナンシャルグループということで強みになる部分はありますか?

MUFG第一に信用力が高いということです。格付けも高いですし、それによってサービスが充実できるという点です。一般信用の在庫に関しても、信用力のお陰で他社に負けず品揃えを日本一にできています。

出金の金額も限度が5億円ということで、他の証券会社ではありえない金額となっています。他社様ですと1億出金しようとすると、すぐにお電話が掛かってくるような状況ではないでしょうか?

また、三菱UFJフィナンシャルグループには三菱UFJモルガン・スタンレー証券と、私どもカブドットコム証券がありますが、グループ内でのメリットとしては、私どもは引受などがないのでIPOなどはグループ力を活かして、回していただくなどが可能となっています。TOBに関しても私どもの方に申し込むことが可能です。TOBを使った投資手法を使われる方もおられ、グループ内での連携により幅の広がった投資手法が行えることも特徴的で強みですね。

カブドットコム証券

IPOやPO、TOBなども三菱UFJフィナンシャルグループの強みで参加機会が多いです。


Q.商品の品揃えで得意としている点、注力している点は何になりますか?現在一押しのものでもあれば教えて下さい。

他社様との比較などでみるとやはり一般信用の売建可能銘柄数になりますね。投資信託では投信ポイントシステムが一押しです。

投資信託のポイント還元率が高い

2014年9月現在でポイント還元率は最大となっています。

投資信託をたくさんお持ちの方でしたら、他社の証券会社よりもポイントが多く貰える状況です。また還元したポイントに関しても、現金に交換することが出来ます

特徴としては品揃えを絞ることで、還元するポイントを高還元率にすることで差別化させております。


Q.ウェブ画面上でもたくさんのリンクがあり情報ツールや独自レポートが豊富なことが分かります。ただ多すぎて初心者には何から見ればいいのか難しいところもあるのですが、初心者におすすめの使用ツール、レポートなどありますか?

他社と比べて動画が充実しているのでオススメです。3分~5分ぐらいで見られる動画がたくさんあり、役に立つものが多いと思います。動画を用いることで、例えばツールの使い方などは、実際の取引画面を表示しながら分かりやすく紹介されていますので、何か難しいことや分からないことがあれば豊富に用意してある動画を見ていただくと良いと思います。

他には自動売買にも力を入れています。お仕事をされている方でどういう風に注文すればよいか悩んでいる方も多いと思います。動画でも自動売買に関する動画が常に人気が高く参考になると思います。

Point!

私もカブドットコム証券さんを利用するときに動画を見ていることが多いと感じていました。インタビューでお世話になった藤井さんも動画によく出ていますので参考にすると良さそうです。美人なので癒されます(笑)


Q.その他、質問した内容以外で特にオススメしたい提供サービスはありますか?

取引を多くされている方は先物取引を結構している人が多いですね。ただ初心者にはなかなか難しいところもあるので、やはり初心者の方は株主優待を狙ったクロス取引から初めて頂くことがオススメです。

後は、日々銘柄選びというものが課題になると思いますので、株ステーションのリアルタイム株価予測を活用していただけると、銘柄選びの参考になると思います。


Q.カブドットコム証券に口座がある客層(年齢層・性別など)はどういった分布ですか?分かる範囲で教えて下さい。

まずは投資への入り口が大事年齢層ですが40代、50代、続いて30代と60代が同程度です。ネット証券ということで30代・40代の方が多いですが、20代になると急激に減って全体の5%程度にとどまっています。現在では、じぶん銀行といった新しいサービスから株取引などの提供もしていますので、そういったチャネルも合わせると少しは20代の方の割合も増えるかと思います。

また頻繁に取引しているのは60代ぐらいの方が多いという状況です。

男女比率に関しては、ほぼ男性が多くて80%程度男性になります。私どもとしては女性の方にも気軽に取引して頂けるように頑張って環境整備をしております。女性向けのサービスとしては女子割や、教えて!kabu.comというお客様同士で相談しあうスペースでは女子部屋というものも設けています。

若い方にも、もっと積極的に投資をして欲しいと思っております。最初から通常の株取引は気が引けるという方はプチ株や500円から積立出来るサービスがありますので、まずは1回のランチ代程度で買えるこういった商品を試していただきたいと思います。

一つでも商品を持っていると、その値動きなどが気になると思います。そのことにより世界や日本の経済情勢や、プチ株でしたら持ち株の銘柄の状況が気になると思います。そういったところから徐々に投資に詳しくなっていけばよいかと思います。口座の維持費は無料ですので、口座を開設した後、どうするかという点で少額から取引出来るものから進めると良いかと思います。

相場が動くのが怖いという方も少額から始めれば、心配も小さくオススメです。

カブドットコム証券

少額取引サービス、女性向けサービスなど初心者の方にも安心して取引できる環境を整備しています。


Q.投資家の皆様へこれから取引するに当たり、投資への取り組み姿勢などで何か参考になる助言があれば教えて下さい。

投資の経験がない人は投資は怖いと思われる方が多く、知らないから出来ないという人が多いですが、今日紹介したクロス取引のように株価の変動リスクをなくした取引もできますし、申し上げたように1株からでも株主にもなれます。1株でも会社様から業績報告が来たりと、株主として居れるということは魅力的だと思います。

後は、株を取引することで会社のことを自分で調べるようになったりだとか、業績を見たりとか、全体の相場を見たりするので非常に勉強になります。若い世代の方にも、是非、最初の一歩を試していただきたいと思っております。株主になれば株主総会に参加することだって出来ます。そういった経験ができる事も人生経験の中で、貴重なことだと思います。


経団連会館の中にカブドットコム証券はあります 「インタビュー編集後記」

この度はお忙しい中、カブドットコム証券様に貴重なお時間を頂きインタビューさせていただくことが出来ました。

またインタビューにお応えいただいた藤井様は、ラジオやテレビといった各種メディアにも出ておられるので皆様もお馴染みなのではないでしょうか?

インタビューではカブドットコム証券の得意とする部分、一般信用売建て可能銘柄数の多さを活用した方法や、他にも豊富なサービスがあってリアルタイム株価予測などはかなり使えるツールだと感じました。

これから株取引する人は、株に対してイメージで怖いとか、知らないと損をすると思われるかもしれませんが、ネット証券の活躍のお陰で少額から自分に合った投資が出来る環境が整っています。

私も今でこそ、いろいろな取引方法を研究してもっと自分の資産を増やしたいと思っていますが、株式投資を始めた頃は「株なんて危険だからやるもんじゃない」と、親から教わって育ってきた漠然としたイメージでした。現在では、自分でしっかりとお金のことに向き合って投資にも挑戦しないといけない世の中だと思っています。

株式投資を始めるにあたって、初心者向けに素晴らしい環境を提供しているカブドットコム証券から始めると、いろいろなことが理解できるし、カブドットコム証券は真に個人投資家の見方だという印象を受けました。

インタビューの中で「株主優待のクロス手法で、品渡しはカブドットコム証券様には手数料が入らないので損な方法ですけどいいんですか?」という質問に「確かに減収になりますが、お客様にとって良い方法を提供するのが私どもの使命ですので」という言葉が非常に印象に残っています。

今後も、私達にとって有利な方法やサービスをどんどん提供してくれそうな期待感を持って、このインタビュー記事の締めにしたいと思います。

カブドットコム証券

ネット証券として差別化されたサービスを豊富に持っていて使い勝手は間違いないですね。他社さんよりも動画なども豊富で顔が見える証券会社といった感じで安心感も感じます。

<<一般般信用売建可能銘柄数は日本一、カブドットコム証券さんに突撃インタビューしてきました(前編)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ