プリヴェチューリッヒ証券の情報(手数料など)とIPOルールに関して

この証券会社は合併などで、サービス停止・新規受付をしていない可能性があります。
【理由】合併。

プリヴェチューリッヒ証券の概要

吸収合併・閉鎖など
プリヴェチューリッヒ証券
 1982年(昭和57年)3月に成蹊大学を卒業し、ジャーディン・フレミング証券株式会社、ソロモンスミスバーニー証券でリスクアービトラージ部門チーフトレーダーをしていた松村謙三が、 1997年(平成9年)に免許制下では最後の証券会社[4]となるプリヴェチューリッヒ証券株式会社を創業。 後に持株会社(株式会社プリヴェチューリッヒ証券グループ本社)となり、傘下に、証券会社、資産運用会社、企業投資会社などを持つ投資企業グループを形成した。 この創業時の企業が現在のKENZOグループ株式会社。

プリヴェチューリッヒ証券のIPO抽選特徴

プリヴェチューリッヒ証券の費用や入出金サービスなどの情報

・固定費、入出金費用等
口座管理料
入金方法
出金方法
備考
単元未満株 売買取り扱いなし

・ネットリンク入金対応銀行
みずほ
みずほ銀行
MUFG
三菱UFJ
SMBC
三井住友銀行
JP
ゆうちょ
楽天
楽天銀行
JNB
ジャパンネット
SBI
住信SBI
セブン
セブン
りそな
りそな
スルガ
スルガ
----------
その他:

国内株式売買手数料(一部)

手数料体系タイプ:

ブックビルディングから上場までの流れ

企業データ

会社名
所在地
設立 年月
資本金
IPO取扱履歴
2004年 1件

プリヴェチューリッヒ証券で実施中のお得なキャンペーン

キャンペーン情報がありません。
※ キャンペーンは掲載外でも開催している可能性があります。
プリヴェチューリッヒ証券のホームページで確認する。 証券会社キャンペーン一覧

プリヴェチューリッヒ証券の体験談・口コミ 全0件

口コミ募集中  あなたの口コミ・体験談を募集しています!
証券口座を実際に利用してみて、良かった点や不満点などを投稿頂ければ幸いです。証券会社にもそれぞれ特徴があり実際に利用してみないと、使用感が分かりにくいところがあると思います。 情報をなかなか得られない人たちのために、あなたの口コミをぜひ送ってください。
口コミ・体験談入力フォームはこちら
※ 情報は更新されている可能性がありますので、詳細はホームページで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ