【LINE上場】カブドットコム証券が郵政IPOの時と同じく、再び穴場証券に

郵政IPOの時はカブドットコム証券が超穴場証券として話題を呼びました。カブドットコム証券は普段は委託幹事としてしか取り扱わない程度のため、IPOではややマイナーな部分がありますが、郵政IPO他、今回のLINEの上場でもかなりの穴場証券になりそうです。

kabucom2016ipo

2016年も幹事団には表れませんが、多くのIPOを受け付けています。コメダホールディングスも三菱主幹事ということでかなりの狙い目証券になります。

LINEでもカブドットコム証券は穴場証券として注目ですので説明したいと思います。

1.LINEの主幹事は野村證券だが、モルガン・スタンレーが絡んでいる

LINEの日本での主幹事は野村證券が担当することになっていますが、日米同時上場ということもあってモルガン・スタンレー証券が絡んでいます。

その為、幹事団では三菱UFJモルガン・スタンレー証券への配分がかなり多いことが予想されます。

カブドットコム証券はMUFGグループのため、三菱→カブドットコム証券ホットラインがあります。

そこが注目され、郵政IPOの時もネットで数集めするなら必須証券として取り扱いました。当方も見事当選を頂きましたので、特に大型注目株のIPO時はカブドットコム証券が超穴場だという認識です。

2.幹事証券として名前が載らないため、知らない人が多い

私はカブドットコム証券にお邪魔してIPOのホットラインについても詳しく聞いてきましたが、一般的には幹事証券に名前が載らないとIPOの取り扱いをしているのかわからない人が多いです。

一般信用売建可能銘柄数は日本一、カブドットコム証券さんに突撃インタビューしてきました(前編)

また、証券会社としても配分の確定などがなければ、ホームページで告知できませんし、幹事証券でもないのに大きく紹介することが出来ません。その為、申込者数が他の証券会社より少なくなり、当選確率が上がることになります。

IPO訴求はなかなか出来ない事情があり、知らない人が多いです。穴場としておすすめです。

3.IPO抽選ルールは完全平等抽選

さらに、大きな要素が抽選方法です。

カブドットコム証券のIPO抽選ルールは完全平等抽選となっています。100%がこの公平な抽選に回りますので、これから口座開設をする初心者の方へも平等です。

郵政IPOの時は複数配分も期待していました。しかし、そこまでではなかったのでLINEでは1単元での申し込みでゲットできるかが焦点になりそうです。

100%平等抽選なども含めて、ネット証券のLINE当選確率ではかなり高い部類になるのでは?と予想しています。LINE株を公募でたくさん手に入れるには必須の証券会社になるという予想です。

yuuseisensekikabucom

私は郵政IPOではしっかりとカブドットコム証券でも当選をゲットしてネットでのかき集め作戦に成功しました。今回も同様に穴場証券からもしっかりと申し込む作戦を取りたいと思います。

なお、インタビューもして頂きタイアップキャンペーンもあるので口座開設するだけでお得です。口座維持費なども無料ですので、一般信用売建など、今後も活用できます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ