spiber(スパイバー)のIPO新規上場観測情報

spiber(スパイバー)の概要

事業内容:次世代バイオ素材開発、DNAタグ技術開発、DNA情報記録技術開発に係る事業

spiber(スパイバー)の注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:5点 (S:暴騰必至)
注目度 評価:5点 (S:大注目)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
世界で初めて蜘蛛の糸繊維の量産化に成功。TVなどメディア露出も多い。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
ゴールドウイン(8111)とスパイバーが第一弾のプロトタイプを発表

ゴールドウインと、有機素材の合成クモ糸繊維の実用化を目指すベンチャー企業であるSpiber(スパイバー)は10月8日、スポーツウエアにおける業務提携契約を締結して第一弾の製品となる"ムーンパーカ"のプロトタイプを発表した。「ザ・ノース・フェイス」の"アンタークティカ・パーカ"をベースに、スパイバーが世界で初めて開発に成功した人工合成クモ糸素材"クモノス"を表地と刺しゅう部分に使用したもの。同素材を用いて実際の工業ラインで衣料品の生産を行ったのも、世界で初めてのことだ。今後は2016年中の発売を目指し、量産体制に向けた整備などを行う。

企業データ

会社名 spiber(スパイバー)
所在地 山形県鶴岡市覚岸寺字水上234番地1
設立 2007年09月26日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ