Tokyo Otaku Mode(東京オタクモード)のIPO新規上場観測情報

Tokyo Otaku Mode(東京オタクモード)の概要

事業内容:日本のサブカルチャー コンテンツの情報発信、ネット販売

Tokyo Otaku Mode(東京オタクモード)の注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:5点 (S:暴騰必至)
注目度 評価:4点 (A:注目度高)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
2020年の東京オリンピックまでに上場を目指す。ただ、海外市場かもしれない。海外では抜群の知名度らしい。日本企業の出資元もかなりそうそうたるメンバー。

海外市場と日本市場で同時上場となるかが焦点。
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
 11月28日(ブルームバーグ):日本のポップカルチャーグッズを海外向けに紹介・販売するネット通販会社、東京オタクモード(TOM、本社・米デラウェア州)は、日本市場以外での新規株式公開(IPO)を視野に入れる。
「東京五輪で世界の注目が日本に集まる2020年までにはしたい。社会的インパクトを考えると、海外での上場ができるレベルまで持っていきたい」と創業者兼最高経営責任者(CEO)の亀井智英氏はインタビューで述べた。当初は事業売却が目的だったが、TOM自体がブランドに育ちつつあり、事業の成長を通じて「日本の価値を上げられるのであれば、IPOをするかもしれない」と亀井氏は話す。

企業データ

会社名 Tokyo Otaku Mode(東京オタクモード)
所在地 アメリカ合衆国 カリフォルニア州、トーランス
設立 2012年04月01日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ