果実堂のIPO新規上場観測情報

果実堂の概要

事業内容:大規模ベビーリーフの生産・販売

果実堂の注目度・上場初値期待度・コメントなど

期待度 評価:3点 (B:やや期待)
注目度 評価:4点 (A:注目度高)
※評価はS~Dまで、管理人が様々な情報や経験から独断で評価しています。
・上場に対するコメント
ベビーリーフ生産日本一。熊本の企業、益城町ということで熊本地震の復興シンボルになるか?
・上場に対する追加メモ・関連企業情報など
有機ベビーリーフの生産で国内トップの農業法人・果実堂が12月16日、トヨタ自動車と業務提携したことを発表した。トヨタは同日付で果実堂の株式700株を取得し、持ち株比率3.7%の議決権第5位の株主となった。株式取得額は未公表。トヨタが農業法人に出資するのは初。

果実堂は提携を通じて、トヨタの生産管理システム「カイゼン」の手法を参考にしながら、ベビーリーフの効率的な生産や出荷に生かす。機械化やIT(情報技術)化による生産の高度化も進める。果実堂は栄養価の高い発芽大豆商品の研究・開発にも取り組んでおり、同分野でも協力する。

果実堂は2005年に設立し、2008年に熊本県内にて本格的なベビーリーフの大規模栽培に着手。社内に研究所を有し、全ての栽培データをITを駆使して網羅的に管理するとともに、土壌、水分、温度、微生物等の至適条件に基づくサイエンス農業を実践している。

施設園芸のハウス土耕栽培を中心に現在、本社の熊本を中心に全国の農場・計48ヘクタールで年間約500トンのベビーリーフを生産し、15年3月期の売上高は10億円を見込む。15年度中にも東証マザーズへの上場を目指している。

企業データ

会社名 果実堂
所在地 熊本県上益城郡益城町田原1155-5熊本テクノリサーチパーク 内
設立 2005年04月06日
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページなどで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ