【JR九州上場(IPO)特集】東海東京証券は郵政IPOの結果から見ても狙い目!

なんとなくマイナー証券的な扱いを受けそうな東海東京証券が実はかなりオススメなので紹介します。

jrkyushutokaitokyo

東海東京証券は実は東証からも主幹事証券候補の扱いを受けていてIPOではオススメです。さらに中堅店頭証券ながらネットからの申し込みも完備されていて、ネット抽選派でも重要な証券会社になっています。

toshoshukanji

参考:東証の公表する主幹事候補証券会社一覧

ダイレクト口座の手数料キャンペーンも魅力的な東海東京証券が狙い目の理由を紹介します。

郵政IPOの当選結果ではっきりした、口座数と割当の関係でバランス最強

JR九州は郵政IPOのような大型IPOですので、郵政IPO時の結果が参考になります。

【郵政IPO】公開株入手のしやすさの考察、各証券会社での状況比較

郵政IPOの時に、当方の当選具合やヒアリング情報からどの証券会社が当たりやすかったのかをまとめています。

yuseitokaitokyo

東海東京証券は当時、ネットからの申し込みが出来て日が経っていなかったので申し込みが少なかったと推測できます。その為、見事郵政IPOでは3つとも当選しました。今は多少、その情報も分かるようになってきて東海東京証券から申し込む人も増えているとは思いますが、まだまだ穴場口座という認識です。

東海東京証券のような穴場証券までしっかりとケアしておくことがネット抽選で数をかき集めるには重要です。申し込みもネットから完結できるのでしっかり準備しておきましょう。

東海東京証券のIPO抽選ルールのまとめ

東海東京証券の抽選ルールはステージ制があります。その為、傾斜配分されますので多少お付き合いがある方のほうが有利です。

東海東京証券をネットから申し込み人は、ステージCにいくだけでもかなりの当選確率になります。なお、東海東京証券は中部地方のIPOに強く、主幹事もかなりの数であります。IPOをうまく手に入れるにはなかなか使える証券会社ですので、ステージ制というか優遇があるということはしっかり意識しておくほうが良いでしょう。

資金レベルによっては東海東京証券がIPO投資で一番狙い目証券という人もいると思います。それぞれの投資レベルによって、お付き合い度を強める証券会社を変えていくのも有効な作戦です。


東海東京証券は引受幹事団のなかでは7番手程度に位置しているので、割当枚数は主幹事の次に匹敵するものになりそうです。

ネット抽選での当選確率では3位以内に入るのではないかという私の予測ですので、JR九州のIPOを手に入れたい方は必ず用意してください!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ