(株)パピレスのIPO新規上場情報

(株)パピレスの概要

(株)パピレス
市場:JQ (情報・通信業)
事業内容:(1)電子書籍の販売事業:出版社等から電子書籍を収集し、ネットワークを通して携帯電話、PC等の情報端末利用者に配信する事業(2)電子書籍販売支援システム(eBookBank)の開発運用、電子書籍の受注制作等

(株)パピレスのIPO(新規上場)日程関連

仮条件決定日 2010/06/04 (金)
BB期間 開始: 2010/06/07 (月) ~ 終了: 2010/06/11 (金)
公募価格決定 2010/06/14 (月)
購入申込期間 開始: 2010/06/15 (火) ~ 終了: 2010/06/18 (金)
上場予定日 2010/06/23 (水)

(株)パピレスのIPO(新規上場)基本情報

公募株式数 総計:135,400株
(公募:80,000株 / 売出:55,400株)売出株式比率:40.9%
O.A.分 20,000株
発行済株数 1,286,360株 (上場時、公募株数含む)
OR 12.1% (オファリング・レシオ、OA分含む計算)
想定価格 2,500円
仮条件価格 2,500~2,700円 (変動率:0.0%+8.0% やや強気 )
公募価格 2,700円
IPOの資金用途 新規ユーザー獲得の為の運転資金に充当予定。具体的にはインターネット広告等に係る広告宣伝費、残額をユーザーへのサービスポイント付与に係る販売促進費用に充当予定。それぞれの費用の支出予定時期は2011年3月期中を予定

(株)パピレスのIPO価格マトリックス(価格・吸収金額・時価総額)

想定価格 公開価格 初値 現在値
株価 2,500円 2,700円
+200円
6,140円
+3,440円
2,477円
分割 8倍
(+13,676円)
変化率 +8.0% +127.4% +222.7%
吸収金額 3.88億円 4.19億円
+0.31億円
9.54億円
+5.34億円
時価総額 32.1億円 34.7億円
+2.57億円
78.9億円
+44.2億円
255億円
+176億円
※左から右へ時系列的に並んでいます。増減比は左のカラム(行)に対するものです。
※吸収金額はOA(オーバーアロットメント)分を含んで計算しています。

(株)パピレスの取り扱い証券会社と引受割合・シンジケート

主幹事証券
幹事団と割当
証券会社名 割当数 割当(%) 抽選配分
野村證券 - - -枚
SBI証券 - - -枚
水戸証券 - - -枚
いちよし証券 - - -枚
丸三証券・マルサントレード - - -枚
岩井コスモ証券 - - -枚
SMBCフレンド証券 - - -枚
みずほインベスターズ証券 - - -枚
岡三証券 - - -枚
松井証券 - - -枚
髙木証券 - - -枚
(その他:)
※抽選配分は過去の個人投資家への同一条件抽選状況をもとに、およその配分量を算出したものです。

企業データ

会社名 (株)パピレス
所在地 東京都豊島区東池袋3-23-14
設立 1995年03月31日
従業員数 33人
監査法人 有限責任監査法人トーマツ

(株)パピレスの概況(直近の経営指標、業績予想)

(株)パピレスのストックオプション(新株予約権)の状況

データ未更新。2015年6月以降の上場銘柄に関して情報更新中です。

(株)パピレスの初値予想・評価・BBスタンス・初値結果関連

BB参加姿勢 評価:9点 (A:積極的)
初値予想
(BB開始時)
まだ更新していません
直前予想
(上場前)
まだ更新していません
初値 6,140円(公募比: +3,440円/+127.4%
※評価はS~Dまで、初値予想はBB開始時と上場前直前に行っています。
・新規承認時の第一印象
事業内容は注目分野なので、良さそうな感じです。
想定価格は2500円で、吸収金額は4億程度で小粒なのも好感が持てます。

私はまだ電子書籍を使ったことないのですが、
これからはどんどん電子化されるんでしょうね。

BB期間は電算と被っているので注意です。
電算より、1日早い上場となります。
・ブックビルディング姿勢に対するコメント
1.注目度…全般的なIPOとしての注目
ボルテージの次の上場となります。
ボルテージはある程度期待されていて、パピレスも電子書籍として
やや期待感があり好感が持てます。

評価としては4にします。

2.割安性…PER,PBRなど財務情報、価格設定から
2011年、3月期の予想EPSは207.53円で
想定価格ベースで計算するとPER12.0倍程度になります。
仮条件を上げてきて上限で決まるともう少し上がります。

注目度の高いIPOですのですが、業績を見ていると
そこまで伸びていないのも現状。ただ期待されているので
あまり意識されないかもしれません。

評価は3とします。

3.規模…吸収金額と市場、売り圧力関係
吸収金額は約3.89億(想定価格ベースOA分含む)、上場市場はジャスダック。
数も公募、売り出し合わせては13.5万株ほどと少なめで
需給関係は全く問題なしです。

獲得できるかどうかにかかりそうです。

評価は5とします。

4.業種…人気化しそうな業種か?魅力があるかなど
iPad発売で現在話題の電子書籍。今後も期待のかかる産業であることには
違いありません。やはりネット系はIPOでも人気が高いです。
高評価できます。

この分野では、評価は4にしておきます。

5.評価…総合的評価や特記的事項を含める
ボルテージに続き、初値に期待がかかる銘柄です。
取りにくさがお宝級で人気も出るでしょう。
主幹事も野村證券で、あまり死角は見当たりません。
唯一、今の株式とIPOの地合が微妙なところでしょうか?
それをボルテージが払拭してくれたら、さらに高評価に変わりそうです。

総合的に評価は4としました。

全体考察
総合得点は20点で、私のBBスタンスはA評価です。

問題は数が少ないので取れるかどうかです。
しかも配分が野村證券に集中しているので、神頼みの抽選ですね。
他の幹事より、野村ジョイの方が配分があるかもしれないので
そちらにも注目です。

(株)パピレスへのみんなの初値予想

初値的中で最大2000円分のアマゾンギフト券をゲット!皆さんの初値予想の投稿をお待ちしています。
(株)パピレスの初値予想投票は締め切りました。
現在の読者予想件数:0件
読者予想サマリ 平均値:0円 | 中央値:0円 | 補正値:0円
最高:0円 >>>> 最低:0円
※ 情報は更新・訂正されている可能性がありますので、詳細は企業ホームページ・目論見書などで確認してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ