新規公開株(IPO)の引受実績上位、穴場口座の岩井コスモ証券攻略

IPOでは隠れた実績を持つ岩井コスモ証券を紹介します。

iwaicosmoipo2015

2015年ではIPOの引受率が44.5%でした。新規公開株が出てきて、その半分程度は岩井コスモ証券でも申し込みを受け付けていることになります。

岩井コスモ証券は創業100周年という歴史のある会社ながらネット取引にも積極的なため、IPOもネットから申し込みが出来ます!さらに大阪に本社を持つ会社なので、関西系企業のIPOに強いかもしれませんね。

IPOに注力している割には知らない人も多いかもしれませんので、穴場的口座になります。また、申込方法もネットではブックビルディングと申し込みを2段階で行い、抽選も後期型なため、他の証券会社とは勝手が違う分もあります。このページでしっかりとIPOルールなども確認しておきましょう。

岩井コスモ証券のIPO実績

当方、2003年度から主要なIPO引受証券会社のデータをグラフ化していますが、確かにここ最近岩井コスモ証券が上位陣との差を縮めており注力しているのが伺えます。

 

iwaicosmochart

IPOにも波がありリーマンショック前までのIPOが活発な時期はそれほど実績のある感じではなかったですが、2013年以降かなりのIPOで幹事引き受け証券を努めています。

これはもうIPOで申し込むには無視できない証券会社になっています。

岩井コスモ証券のIPOルール

岩井コスモ証券のIPOの申し込みはネットから可能ですが、ブックビルディング時と購入申込時の2回の申し込みが必要です。さらに抽選は後期抽選型となります。

ブックビルディング時には資金が必要ないので、他の証券会社に申し込んで外れたとしても敗者復活戦として申し込むことが出来ます。資金を有効活用することが出来ます!

抽選はコンピューターによる平等抽選です。1口座1単位から抽選しますので、複数単位よりかは1単位を平等に配分する形でしょう。ネット抽選へは岩井コスモ証券配分予定数量の10%程度ですので、他の店頭証券口座を同じ程度です。

注目はやはり2段階の申し込みと少し手間がかかるので、意外にもネットからの申し込みが少なかったり、申込忘れが増えるという点です。その部分で申し込み参加数が減り、当選確率が上がるのではないかと見られています。

岩井コスモ証券のその他の気になるサービス

岩井コスモ証券はIPOでは穴場的にオススメですが、その他にもネット取引でおすすめ出来る部分があります。

1.手数料水準が安い

1ヶ月定額制のマンスリーコース、1日定額のアクティブコース、1約定ごとのスタンダードコースと3つの手数料体系があるので、どんな取引タイプの方にも安い手数料水準を選ぶことが出来ます。

iwaicosmoactive

特にアクティブコースは他の大手ネット証券と比較しても安い水準になっていて価値があります。

2.一般信用売建て可能ネット証券

実はあまり知られていませんが岩井コスモ証券でも一般信用売建てが可能です。銘柄数こそ少ないので影に隠れておりますが、手段はたくさん持っておいたほうがクロス取引の作戦などに使えます。


岩井コスモ証券の利用方法としては、歴史ある証券会社らしくアナリストレポートも豊富なので、とりあえず口座を持っておいて便利なレポートを入手、IPOが来たら申し込みできるか確認して卒なく申し込み、普段の取引も他のネット証券と比較して安くなりそうなら利用する感じが良さそうです。

IPOを積極的に推しているサイトでも何故か話題に上がりにくいです。もちろん他の証券会社で攻略すべき証券会社もありますが、岩井コスモ証券のような穴場証券はしっかり抑えておくべきだと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ