「株主優待タダ取り方法」の記事一覧

一般信用売りができる証券会社6社(松井証券/カブドットコム証券/岩井コスモ証券/SBI証券/楽天証券/大和証券)の比較

ippannurihikaku.jpg
ネット取引で一般信用取引(無期限信用取引)、売り建て可能な証券会社6社を徹底比較します! ※楽天証券の一般信用売建参入により6社比較にし記事を更新しました。 株主優待タダ取りなどで使える一般信用売り建てが出来る主要6社の手数料や貸株料などを比較してみます。 その6社とは(松井証券 / カブドットコム証券 / 岩井コスモ証券 / SBI証券 / 楽天証券 / 大和証券  )で・・・

株主優待タダ取り(クロス取引)に開設しておきたい証券会社

yutaiosusumeshouken.jpg
ここでは株主優待クロス取り引きにオススメの証券会社をいくつか紹介します。 証券会社ごとに特徴が異なり、また今後サービス充実などでオススメ状況が変わることがあります。 証券会社の口座維持手数料は基本的に無料ですので、いざというときに開設しておけばよかったということはないように、気なるところは開設しておいて損はないと思います。 もしろん株主優待のクロス取りから始めて、実際操作・取引をして自分・・・

株主優待クロス取りにGMOクリック証券がオススメの3つの理由

gmoyutai.jpg
制度信用を使って株主優待クロス取引をするならGMOクリック証券がオススメです。 株主優待クロス取りに慣れてくると、後はできるだけ取引手数料を抑えたくなります。 手数料を抑えるならネット証券会社がオススメですが、その中でもGMOクリック証券が一番オススメです。 その理由を3つほど紹介します。 1.取引画面が使いやすい 2.信用取引手数料が安い 3.株主優待利用・・・

優待クロス(タダ取り)方法実行時の配当落調整金や税金などの取り扱いについて

crosshaitou.png
株主優待クロス取引を実際にしてみて、一番多く疑問になりまたややこしいのが配当とその税金の取り扱いについてです。証券会社によって若干扱い方が違ったり、人によっては口座が「特定口座なのか?一般口座なのか?」また「源泉徴収するのか?」「配当の支払い方法の選択はどうなっているのか?」「制度信用?一般信用?」など状況も千差万別です。 普通にややこしい上に、個々により状況も千差万別なので、なるべくこのページ・・・

お米券・ギフト券・クオカード・図書カードなど株主優待で貰える金券系の消化法

IMG_0796.jpg
株主優待クロス取引を毎年繰り返していると、それなりにお得な生活が送れます。 株主優待戦績 ↑概算ですが、私も年間にして10万~30万程度は、お得な生活を優待クロス取引で送っています。 ただ株主優待でゲットできるのは現金ではなく、それぞれの企業の商品や優待券、またはカタログギフト、金券類だったりします。その為、「3,000円相当」となっていても、その人にとっては3,000円・・・

株主優待クロス取りに必須の証券会社4社を活用方法で徹底解剖

株主優待クロス取引に利用したい証券会社は基本利用として4社あります。 この4社をそれぞれの特性に合わせて、上手く使い分けることでより株主優待クロス取引を手数料を有利にまたリスクも少なく計算して取引することが可能です。 その4社とは 松井証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、SMBC日興証券 の4社になります。 それぞれに株主優待クロス取引に使える強みと弱みがあります・・・

真の株主優待タダ取りは、信用手数料無料の証券会社SMBC日興証券で

株主優待タダ取り(クロス取り)手法は、今までも説明してきたとおりに同じ株の買いと売りを同時に行ない、株価変動により損失をなくすということで株価変動リスクがタダという点でした。 しかしながら、それでも費用としては ・逆日歩の可能性 ・証券会社の取引手数料 ・信用取引の金利 といった細かい費用が必要になります。 この中で証券会社の取引手数料を考えると最強の証券会・・・

【株主優待タダ取り上級編】一般信用クロス取引のタイミング

株主優待のクロス取り引き(タダ取り)方法は今までの記事を順番に見ていただければ そこそこ年間でお得に優待をゲットできるようになると思います。 ただし、慣れてくるともっと良い方法がないか考えるようになりますと思いますので、 そういった内容のトピックを上級編として紹介いたします。 1回目は一般信用取引の注文タイミングです。 ネット証券で一般信用が使える代表2社です。 クロス・・・

【株主優待クロス取り】現渡し処理の時間

株主優待クロス取りを行った後の翌日の反対売買は 「現渡し」処理をすることで手数料を節約できます。 では実際に優待権利付き最終日の、どの時間以降から明日の注文として 「現渡し」注文が可能なのか各証券会社で調べてみました。 青色で当日は何時までその日の注文になるかも表記しています。 松井証券   権利付き最終日の17:00以降でOKです。 ・・・

【株主優待クロス取り引き】逆日歩に関して

株主優待タダ取り取引で鍵となる逆日歩に関してもう少し詳しく見ていきましょう。 逆日歩とは? 逆日歩(ぎゃくひぶ)とは品貸料(しながしりょう)とも呼ばれる信用取引のコストで、信用取引の売り手が買い手に対して支払うコストとなります。信用取引で売り建てが可能な銘柄に極端に売りが集中するなどして、空売りのための株不足が生じた場合に発生します。 ・逆日歩はどういった時に掛かるのか? 信用取引における・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ